無縁坂 歌詞

歌:由紀さおり

作詞:さだまさし

作曲:さだまさし

母がまだ若い頃 僕の手をひいて
この坂を登るたび いつもため息をついた
ため息つけば それで済む
後ろだけは見ちゃだめと
笑ってた白い手は とてもやわらかだった
運がいいとか 悪いとか
人は時々 口にするけど
そういうことって 確かにあると
あなたをみてて そう思う
忍ぶ 不忍 無縁坂 かみしめる様な
ささやかな 僕の母の人生

いつかしら僕よりも 母は小さくなった
知らぬまに白い手は とても小さくなった
母はすべてを暦にきざんで
流してきたんだろう
悲しさや苦しさは きっとあったはずなのに
運がいいとか 悪いとか
人は時々 口にするけど
めぐる暦は 季節の中で
漂い乍ら 過ぎてゆく
忍ぶ 不忍 無縁坂 かみしめる様な
ささやかな 僕の母の人生
由紀さおりの人気歌詞
手紙

死んでもあなたと 暮らしていたいと 今 ...

夜明けのスキャット

ルルル・・・ ラララ・・・ パパパ・ ...

ルーム・ライト

あなたが運転手に 道を教えはじめたから ...

恋文

アズナヴール 流しながら この手紙を ...

愛だとか

ひとつのパンを分けあえれば それだけで幸 ...

りんどうの花

むらさき淡い りんどうは あなたと摘ん ...

さよならの走り書き

一枚の便箋に さよならの走り書き 悲 ...

心の家路

沈む夕陽を追いかける子供たち 夏の終り ...

初恋の丘

まぶしく輝く 青い大きな空も ときどき ...

生きがい

今あなたは目ざめ 煙草をくわえてる 早 ...

つかの間の雨

あなたがそっと 右手を出して 雨に濡れ ...

しあわせ

ある日 ふたり 出会い ふいに 恋に  ...

TOKYOワルツ

脱いだヒールを両手にさげて 裸足で街を ...

季節の足音

柔らかな陽が差して コートを脱ぐように ...

しあわせのカノン~第2章~

ルルルル… ルルルル… よろこび悲し ...

挽歌

やはり あの人は 私を送りに来なかった ...

スイートワルツの流れる川に

時は過ぎて はるかに 夢は 消えて 遠 ...

トーキョー・バビロン

星までとどく ガラスのエレベーター 今 ...

ストレート

出会った人の数 別れた人の数引いて 後 ...

あなたと共に生きてゆく duet with テレサ・テン

陽だまりの中で 手をつないで歩いた い ...