打上花火 歌詞

歌:米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ
砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿

寄り返す波が 足元をよぎり何かを攫う
夕凪の中 日暮れだけが通り過ぎて行く

パッと光って咲いた 花火を見ていた
きっとまだ 終わらない夏が
曖昧な心を 解かして繋いだ
この夜が 続いて欲しかった

「あと何度君と同じ花火を見られるかな」って
笑う顔に何ができるだろうか
傷つくこと 喜ぶこと 繰り返す波と情動
焦燥 最終列車の音

何度でも 言葉にして君を呼ぶよ
波間を選び もう一度
もう二度と悲しまずに済むように

はっと息を飲めば 消えちゃいそうな光が
きっとまだ 胸に住んでいた
手を伸ばせば触れた あったかい未来は
ひそかに二人を見ていた

パッと花火が
夜に咲いた
夜に咲いて
静かに消えた
離れないで
もう少しだけ
もう少しだけ

パッと光って咲いた 花火を見ていた
きっとまだ 終わらない夏が
曖昧な心を 解かして繋いだ
この夜が 続いて欲しかった

パッと花火が
夜に咲いた
夜に咲いて
静かに消えた
離れないで

もう少しだけ
もう少しだけ
打上花火 のCD・楽譜
米津玄師の人気歌詞
Lemon

夢ならばどれほどよかったでしょう 未だ ...

LOSER

いつもどおりの通り独り こんな日々もはや ...

ピースサイン

いつか僕らの上をスレスレに 通り過ぎて ...

アイネクライネ

あたしあなたに会えて本当に嬉しいのに ...

馬と鹿

歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩い ...

砂の惑星(+初音ミク)

何もない砂場飛び交う雷鳴 しょうもない音 ...

海の幽霊

開け放たれた この部屋には誰もいない ...

灰色と青 ( + 菅田将暉)

袖丈が覚束ない夏の終わり 明け方の電車 ...

ドーナツホール

いつからこんなに大きな 思い出せない記憶 ...

春雷

現れたそれは春の真っ最中 えも言えぬまま ...

しとど晴天大迷惑

超弩級 火を吐く猿 天からお目覚め大迷惑 ...

爱丽丝(アリス)

真っ逆さまに落っこちた ふとした刹那につ ...

WOODEN DOLL

さあ、心の向こうへ行こうぜ チンドン屋の ...

Flamingo

宵闇に 爪弾き 悲しみに雨曝し 花曇り ...

眼福

何にも役に立たないことばかり教えて欲しい ...

かいじゅうのマーチ

少しでもあなたに伝えたくて 言葉を覚え ...

メランコリーキッチン

あなたの横顔や髪の色が 静かな机に並ん ...

orion

あなたの指がその胸がその瞳が 眩しくて ...

ララバイさよなら

痛みも孤独も全て お前になんかやるもんか ...

クランベリーとパンケーキ

不意に見かけたブロンズの女神の お臍に煙 ...