白い宿 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:さいとう大三

作曲:幸耕平

一夜に二夜に 降り積もる
雪で小枝が また折れる
これが最後の 恋だもの
夢に 散りたい この命
二人 隠して 白い宿

添えない人だと 知りながら
恋にこの身を 投げました
人に言えない 幸せを
いつも さがして 生きてきた
二人 淋しい 白い宿

静かに終りは 来るものを
今日も儚い 夢を見た
女心の 悲しさを
そっと 見つめる 冬の花
二人 どこ行く 白い宿
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...