花咲線 ~いま君に会いたい~ 歌詞

歌:松原健之

作詞:石原信一

作曲:幸耕平

根室行き わずか一両の
古ぼけた 列車だったよね
最果ての 朝が来る岬
君が見たいと 言ったから
揺れながら 花咲線(はなさきせん)は
厚岸(あっけし)めぐり 湿原抜けて 東へと……
いま君に会いたい
思い出を さかのぼり
いま君に会いたい
帰らない 愛を訪ねて

ふるさとの 線路またひとつ
失くなると 噂 流れたよ  
納沙布(ノサップ)の 汐風(かぜ)と遊んでた
君の後(おく)れ毛 幻か
若い日の 花咲線を
忘れることが 時代だなんて 思えずに……
いま君に会いたい
思い出を さかのぼり
いま君に会いたい
帰らない 愛を訪ねて

夢の中 花咲線は
胸を軋(きし)ませ 哀しみ連れて 駆けて行く……
いま君に会いたい
思い出を さかのぼり
いま君に会いたい
帰らない 愛を訪ねて

帰らない 愛を訪ねて
松原健之の人気歌詞
もし翼があったなら

もし 孤独を感じたら もし こころが乾 ...

冬のひまわり

夏の光に咲く花よりも 季節はずれの花が ...

ふるさとの空遠く

たえまなく 流れる歌は あの日の 母の ...

金沢望郷歌

桜橋(さくらばし)から 大橋みれば 川 ...

愛のうた

愛のうた ききたくて 風に吹かれ 旅に ...

見上げてごらん夜の星を

見上げてごらん夜の星を 小さな星の 小 ...

思い出の街

地下鉄の駅から五分 学生時代の街へ来て ...