花の唄 歌詞

歌:Aimer

作詞:梶浦由記

作曲:梶浦由記

その日々は夢のように
臆病な微笑みと
やさしい爪を
残して行った

退屈な花びらのように
くるしみを忘れて
貴方の背中でそっと
泣いて笑った

帰らぬ日々を思うような
奇妙な愛しさに満ちた
箱庭の中で
息をひそめ

季節が行くことを忘れ
静かな水底のような
時間にいた

冷たい花びら
夜に散り咲く
まるで白い雪のようだね
切なく
貴方の上に降った
かなしみを全て
払いのけてあげたいだけ

貴方のこと傷つけるもの全て
私はきっと許すことは出来ない
優しい日々
涙が出るほど
帰りたい
貴方と二人で
見上げた
花びらが散った

月が雲に隠れて
貴方は道を失くして
泣き出しそうな
目をしてた

ぎざぎざなこころだって
ふたつ合わせてみれば
優しいものがきっと
生まれてくるわ

私を傷つけるものを
貴方は許さないでくれた
それだけでいいの

戯れに伸ばされた
貴方の手にしがみ付いた
諦めていた世界に
やがて温かな灯がともる

冷たい花びら
夜を切り裂く
私が摘んだ光をみんな束ねて
貴方の上に全部
よろこびのように
撒き散らしてあげたいだけ

わるいことをしたらきっと貴方が
怒ってくれると約束したよね
だからきっともう一度
私を見つけてくれるよね
寂しいところに
もういなくていいね
一人で
見上げた
花びらが散った
Aimerの人気歌詞
ポラリス

沈黙の夜凪に漂った小さな船は 体中 傷 ...

カタオモイ

例えば君の顔に昔よりシワが増えても それ ...

蝶々結び

片っぽで丸を作って しっかり持ってて ...

LAST STARDUST

ふりしきる強い雨 描いた理想(ゆめ)の果 ...

君を待つ

さよなら おやすみ いつかまたね 手を ...

words

「愛してる」とは なんて無力な言葉だろう ...

Brave Shine

左手に隠した 願いは願いのままで 覚め ...

茜さす

枯れ葉舞う町角を 駆け抜けてく乾いた風 ...

六等星の夜

傷ついたときはそっと包みこんでくれたらう ...

AM02:00

AM02:00の誘う風に 少し 遠く ...

closer

I stand behind these ...

あなたに出会わなければ~夏雪冬花~

記憶などいらない 永遠に眠りたい もう ...

twoface

These words became t ...

キズナ

たった一人で歩いてきたと 思ってたあの日 ...

insane dream

また記憶をつきさす 焼けた匂い もう呼 ...

Re:pray

歩道橋 階段 雨音 手を振るよ 最後の ...

us

吸い込まれた僕らは 地球と星の僅かな境 ...

セプテンバーさん

一人のために描いた夢を 誰かに使いまわし ...

Falling Alone

深く深く落ちていく 一つ二つ消えてゆく ...

Hz(ヘルツ)

曖昧なヘルツに合わせたならNo Good ...