七夕から 歌詞

歌:かりゆし58

作詞:前川真悟

作曲:前川真悟

まるで何もなかったように無色透明な夢の跡
なりたい自分になれないまんまの自分を未だ抜け出せない
まるで当たり前って顔で ひどく公平に朝が来る
遠い夏に七夕を出航したあの日の笹舟

遥か道のりの最中で 今叶う途中の願い事 彼方空の海原を

祈りのジェット 短冊の羽
光の速度超えて飛んで行く
祈りのジェット 天の川へと
夢路の距離を越えて飛んで行く

疾風のように去って消えた 淡く鮮明な恋の跡
あんなに胸が痛んでいたのに いつからかもう高鳴らない

やがて笑って言うのかな あれは青春の悪戯って
遠い夏の片隅に置き忘れたあの人の匂い

どうか幸せになってと 届く宛てのない願い事 密か誰も知れずに

祈りのジェット 短冊の羽
いくつも夜を越えて飛んで行く
祈りのジェット 星の砂漠も
宇宙の孤独も越えて飛んで行く
祈りのジェット 天の川へと
夢路の距離を越えて飛んで行く
かりゆし58の人気歌詞
アンマー

初夏の晴れた昼下がり 私は生まれたと聞 ...

オワリはじまり

もうすぐ今日が終わる やり残したことはな ...

ナナ

道草食っていこう 1つ大事な話があるから ...

さよなら

さよなら ただただ愛しき日々よ ずっと ...

会いたくて

何年経っても一緒さ 大事なものは変わらな ...

恋人よ

人を信じ抜くということは こんなにも難し ...

ウージの唄

ウージの小唄 ただ静かに響く夏の午後 ...

電照菊

電照菊の光よ 夜の帳を照らしてくれない ...

手と手

手と手を 手と手を その手と手を ...

ウクイウタ

諦めたりすんなよ まだまだまだいけるだろ ...

まっとーばー

真っ向からどストレートだ もう一歩も引け ...

ゆい

何もかも君となら これだけは君になら 心 ...

アナタの唄

あなたの頬に伝い落ちる涙の訳を知ってるい ...

心に太陽

もう少しあとちょっとあと一歩進んでみよう ...

恋唄

僕らはまだ過ぎ行く夏に別れを告げられなく ...

日々紡ぐ

「夜の向こうじゃ もう明日が生まれている ...

全開の唄

ぶちかましてやろう 出たとこ勝負いつで ...

ピクニック

丘を越え 行こうよ 口笛 吹きつつ 空 ...

魚(UO)

何もすることがないから おっちゃんは魚釣 ...

ノーグッバイ自分

ああでもない こうでもないとか誰かが言う ...