比叡おろし 歌詞

歌:水森かおり

作詞:たきのえいじ

作曲:弦哲也

風が舞う 夢が散る
うす墨の 霧の群れ
恋の迷いを 消すように
やがて琵琶湖に 雨がふる
幸せでした あの頃が
それも今では 遠い夢
比叡(ひえい)おろしが 吹けば
もうすぐ 冬です
ふたり重ねた おもいでが
私を泣かす

涙では 洗えない
悲しみも 切なさも
まして化粧を してみても
隠し切れない 未練まで
あなたに逢えて 知りました
愛の深さと 寂しさを
比叡おろしに ひとり
この身をさらせば
生まれ変われる 気がします
明日はきっと

幸せでした あの頃が
それも今では 遠い夢
比叡(ひえい)おろしが 吹けば
もうすぐ 冬です
ふたり重ねた おもいでが
私を泣かす
水森かおりの人気歌詞
東尋坊(とうじんぼう)

別れ旅する 女の胸を 見抜いて泣くのか ...

ふたり雨

ひとつの蛇の目に 寄り添えば 濡れた肩 ...

鳥取砂丘

潮の匂いに 包まれながら 砂に埋れて ...

越後水原

生まれて初めて 絆を契り 命を預けた ...

島根恋旅

愛するだけでは 結ばれなくて ふたりの ...

尾道水道

愛しさ憎さが ぶつかりあって おんなの ...

上州恋風

赤城山から 吹く風に 涙を散らす 日暮 ...

北陸ひとり旅

北へ行こうか それとも西か どちら ...

若狭の海

伊根の港の 舟屋には 家の中にも 海が ...

うみどり

ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 潮風が ...

嵯峨野巡礼

愛し合っても 実らぬ恋の せめて最後の ...