命の花よ 歌詞

歌:藤あや子

作詞:小野彩

作曲:原譲二

心の奥に 咲いている
花は紅(くれない) 命の花よ
愛しい 恋しい 想い出ばかり
涙で濡れた 花びらは
夜の川へと 散り散りに
流れ 流れ 流れゆく

貴方を追いかけ 雪の中
赤い紅(べに)ひく 命の花よ
運命(さだめ)の縁(えにし)と 信じていても
別れはいつか 忍び寄る
苦いお酒に 身をまかせ
ひとり ひとり ひとり泣く

儚(はかな)い夢と 散ろうとも
愛を貫(つらぬ)く 命の花よ
女の一途を 捧げ尽くして
ふたりで生きる しあわせが
夜の静寂(しじま)に 揺れながら
消えて 消えて 消えてゆく
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...