男の翼 歌詞

歌:半田浩二

作詞:滝川夏

作曲:南乃星太

男は背中に つばさを隠す
どこではぐれた どの角で
ビルの谷間の 吹きだまり
空き缶ひとつを 蹴り上げた
人生はいろいろと あるけれど
さびしさこらえて 北へ 飛んでゆけ

男はこころに 女がひとり
どこで暮らすか どの街で
当てもないのに 意地張って
なんにも言わずに 消えた奴
人生はいろいろと あるけれど
瞳が濡れてた ふたり 若かった

男は背中に 浪漫を背負う
月が輝く 寒い夜
いつかあの月 手に入れる
おまえに誓った 夜の街
人生はいろいろと あるけれど
あしたへ羽ばたけ 俺の 俺の夢
半田浩二の人気歌詞
うれし涙

たった一つの ものさしで 測れるしあわ ...

雨やどり

古傷さらして 泣きながら 忘れさせてと ...