歌ウサギ 歌詞

歌:スピッツ

作詞:草野正宗

作曲:草野正宗

こんな気持ちを抱えたまんまでも何故か僕たちは
ウサギみたいに弾んで
例外ばっかの道で不安げに固まった夜が
鮮やかに明けそうで

今歌うのさ ひどく無様だけど
輝いたのは 清々しい堕落 君と繋いだから

どんだけ修正加えてみても美談にはならない
恋に依存した迷い子
さんざん転んで色々壊してモノクロの部屋に
残されてた方法で

今歌うのさ フタが閉まらなくて
溢れそうだよ タマシイ色の水 君と海になる

「何かを探して何処かへ行こう」とか
そんなどうでもいい歌ではなく
君の耳たぶに触れた感動だけを歌い続ける

今歌うのさ ひどく無様だけど
輝いたのは 清々しい堕落 君と繋いだから

敬意とか勇気とか生きる意味とか
叫べるほど偉くもなく
さっき君がくれた言葉を食べて歌い続ける

こんな気持ちを抱えたまんまでも何故か僕たちは
ウサギみたいに弾んで
例外ばっかの道で不安げに固まった夜が
鮮やかに明けそうで

スピッツについて

1987年 夏それぞれの進学の為に上京してきた4人が集まり、スピッツが結成される。 1991年 デビューシングル『ヒバリのこころ』、ファーストアルバム『スピッツ』同時発売でポリドールよりメジャーデビュー。
歌ウサギ のCD・楽譜
スピッツの人気歌詞
チェリー

君を忘れない 曲がりくねった道を行く ...

空も飛べるはず

幼い微熱を下げられないまま 神様の影を恐 ...

ロビンソン

新しい季節は なぜかせつない日々で 河 ...

忘れはしないよ 時が流れても いたずら ...

運命の人

バスの揺れ方で人生の意味が 解かった日曜 ...

アパート

君のアパートは今はもうない だけど僕は夢 ...

僕はきっと旅に出る

笑えない日々のはじっこで 普通の世界が怖 ...

春の歌

重い足でぬかるむ道を来た トゲのある藪を ...

スターゲイザー

遠く遠くあの光まで 届いてほしい ...

冷たい頬

「あなたのことを 深く愛せるかしら」 ...

月に帰る

真赤な月が呼ぶ 僕が生まれたところさ ...

夜を駆ける

研がない強がり 嘘で塗りかためた部屋 ...

ランプ

ただ信じてたんだ無邪気に ランプの下で ...

さらさら

素直になりたくて言葉を探す 何かあるよ ...

優しいあの子

重い扉を押し開けたら 暗い道が続いてて ...

ささやく冗談でいつも つながりを信じてい ...

ベビーフェイス

※Bye bye ベビーフェイス 涙を ...

スピカ

この坂道もそろそろピークで バカらしい ...

正夢

ハネた髪のままとび出した 今朝の夢の残 ...

スパイダー

可愛い君が好きなもの ちょっと老いぼれて ...