記念撮影 歌詞

歌:BUMP OF CHICKEN

作詞:藤原基央

作曲:藤原基央

動画を観る

目的や理由のざわめきからはみ出した 名付けようのない時間の場所に
紙飛行機みたいに ふらふら飛び込んで 空の色が変わるのを見ていた

遠くに聞こえた 遠吠えとブレーキ 一本のコーラを挟んで座った
好きなだけ喋って 好きなだけ黙って 曖昧なメロディー 一緒になぞった

やりたい事がないわけじゃないはずだったと思うけど
思い出そうとしたら 笑顔とため息の事ばかり

ねぇ きっと
迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う
君は知っていた 僕も気付いていた 終わる魔法の中にいた事

昨日と似たような繰り返しの普通に 少しずつこっそり時間削られた
瞬きの向こうに いろいろいくつも 見落としたり 見落としたふりしたり

あれほど近くて だけど触れなかった 冗談と沈黙の奥の何か
ポケットには鍵と 丸めたレシートと 面倒な本音を つっこんで隠していた

固まって待ったシャッター レンズの前で並んで
とても楽しくて ずるくて あまりに眩しかった

そして今
想像じゃない未来に立って 相変わらず同じ怪我をしたよ
掌の上の 動かない景色の中から 僕らが僕を見ている

目的や理由のざわめきに囲まれて 覚えて慣れて ベストを尽くして
聞こえた気がした 遠吠えとブレーキ 曖昧なメロディー 一人でなぞった

言葉に直せない全てを 紙飛行機みたいに
あの時二人で見つめた レンズの向こうの世界へ 投げたんだ

想像じゃない未来に立って 僕だけの昨日が積み重なっても
その昨日の下の 変わらない景色の中から ここまで繋がっている

迷子のままでも大丈夫 僕らはどこへでもいけると思う
君は笑っていた 僕だってそうだった 終わる魔法の外に向けて

今僕がいる未来に向けて

BUMP OF CHICKENについて

藤原基央(Vo&G)1979年4月12日O型。増川弘明(G)1979年12月20日A型。 直井由文(B)1979年10月9日A型。升秀夫(Dr) 1979年8月10日A型。 千葉県は佐倉市。幼稚園から幼馴染の4人は、同じ小学校を経て中学で再会。中学3年生の文化祭用に組んだバンドが BUMP OF CHICKENのスタートとなる。BUMP OF CHICKENというバンド名の意味は「弱者の反撃」。2002年2月20日にリリースされたメジャー・ファーストアルバム「jupiter」は、並み居る強豪を抑えてオリコン初登場第1位を獲得。
記念撮影 のCD・楽譜
BUMP OF CHICKENの人気歌詞
天体観測

午前二時 フミキリに 望遠鏡を担いでった ...

ray

お別れしたのはもっと 前の事だったような ...

スノースマイル

冬が寒くって 本当に良かった 君の冷え ...

新世界

君と会った時 僕の今日までが意味を貰った ...

カルマ

ガラス玉ひとつ 落とされた 追いかけても ...

月虹

夜明けよりも手前側 星空のインクの中 ...

Aurora

もうきっと多分大丈夫 どこが痛いか分かっ ...

ゼロ

迷子の足音消えた 代わりに祈りの唄を ...

K

週末の大通りを 黒猫が歩く 御自慢の鍵 ...

ギルド

人間という仕事を与えられて どれくらいだ ...

ダイヤモンド

何回転んだっていいさ 擦り剥いた傷をちゃ ...

車輪の唄

錆び付いた車輪 悲鳴を上げ 僕等の体を ...

花の名

簡単な事なのに どうして言えないんだろう ...

ラフ・メイカー

涙で濡れた部屋に ノックの音が転がった ...

アンサー

魔法の言葉 覚えてる 虹の始まったところ ...

セントエルモの火

夜が終わる前に追い付けるかな 同じ坂道の ...

ロストマン

状況はどうだい 僕は僕に尋ねる 旅の始 ...

シリウス

約束をしただろう 遥かな どこか いつか ...

プラネタリウム

四畳半を拡げたくて 閃いてからは速かった ...