銀の雨 歌詞

歌:藤あや子

作詞:松山千春

作曲:松山千春

貴方と暮らした わずかな時間
通り過ぎれば 楽しかったわ
これ以上私が そばに居たなら
貴方がだめに なってしまうのね

いつの間にか 降りだした雨
窓の外は 銀の雨が降る

貴方のそばで 貴方のために
暮せただけで 幸せだけど
せめて貴方の さびしさ少し
わかってあげれば 良かったのに

貴方がくれた 思い出だけが
ひとつふたつ 銀の雨の中

ごめんと私に いってくれたのは
貴方の最後の やさしさですね
いいのよ貴方に ついて来たのは
みんな私の わがままだから

貴方の夢が かなうように
祈る心に 銀の雨が降る
銀の雨が降る
銀の雨が降る
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...