ひとり舟 歌詞

歌:ジェロ

作詞:鈴木紀代

作曲:影山時則

流されて 流されて
ビルの谷間の なみだ川
立つ瀬なければ 浮かぶ瀬もない
寄る辺(べ)なくして 今日も又
あゝゝ木(こ)の葉みたいな ひとり舟

倖せは 倖せは
泣けば泣くほど 遠ざかる
やっとつぼみの 夢一輪を
何でかき消す つむじ風
あゝゝどこへ流れる ひとり舟

人の世は 人の世は
嘘と真実(まこと)の 寄せ集め
愛にはぐれて 情けに飢(う)えて
寒さこらえる 夜(よる)の川
あゝゝ春はいつ来る ひとり舟
ジェロの人気歌詞
海雪

凍える空から 海に降る雪は 波間にの ...

東西南北ひとり旅

あの娘いるとこ 南長崎 花とザボンの  ...

折鶴

誰が教えてくれたのか 忘れたけれど折鶴 ...

桜坂

この坂道が花吹雪になる前 君はこの街を ...

えいさ

すが漏りの浮き名の独り暮らし あなたの ...

やんちゃ道

泥んこで泣かされて帰って来ても 鼻水垂 ...

宗右衛門町ブルース

きっと来てねと 泣いていた かわいあの ...

Break My Heart

Here I sit In this ...