京都二寧坂 歌詞

歌:増位山太志郎

作詞:松井由利夫

作曲:叶弦大

春も待たずに ほころぶ花に
そそぐ陽(ひ)だまり 石畳
この坂を 右へ折れれば 高台寺(こうだいじ)
恋の名残(なご)りを 愛(いと)しむように
鐘が鳴ります 京都二寧坂

肩に手を添え 転ばぬように
そんな優しい 気配りが
今更に 消えてはかない 夏すだれ
秋が色づく 清水寺(きよみずでら)に
夢が揺れます 京都二寧坂

何処(どこ)でどうして 躓(つまづ)いたのか
歩き慣れてる 坂なのに
ささめ雪 遠いおもかげ 抱きしめて
くぐる八坂(やさか)の 思い出鳥居
明るすぎます 京都二寧坂
増位山太志郎の人気歌詞
男の背中

男の肩と 背中には むかしの影が ゆれ ...

そんな女のひとりごと

お店のつとめは はじめてだけど 真樹さ ...

冬子のブルース

酔えばはしゃいで たおれこみ 俺のこの ...

酒みれん

こころも躰(からだ)も 惚れさせて 梨 ...