酒みれん 歌詞

歌:増位山太志郎

作詞:仁井谷俊也

作曲:叶弦大

こころも躰(からだ)も 惚れさせて
梨(なし)のつぶてよ あのひとは
しあわせ…しあわせ… もう一度
お猪口(ちょこ)に面影 泳がせて
酔えば泣けます 酒みれん

心底(しんそこ)尽くした つもりです
何度傷つきゃ 気がすむの
しあわせ…しあわせ… もう一度
いい事ばかりを 思いだし
憎みきれない 酒みれん

あきらめきれない つらい恋
そっと指輪の 迹(あと)を噛む
しあわせ…しあわせ… もう一度
ため息つくたび 逢いたくて
夜がせつない 酒みれん
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
雪の花

歌:和田青児

いつも自分を あとまわし 俺に尽くして ...

増位山太志郎の人気歌詞
男の背中

男の肩と 背中には むかしの影が ゆれ ...

そんな女のひとりごと

お店のつとめは はじめてだけど 真樹さ ...

冬子のブルース

酔えばはしゃいで たおれこみ 俺のこの ...