あのときの歌 歌詞

歌:三月のパンタシア

作詞:40mP

作曲:40mP

冷たい夜明けに照らされて
温かい夢が終わる
記憶の箱に鍵をかけ
季節に別れを告げる

春が訪れる前に
白い世界が溶ける前に

終わりと始まり
その隙間にあるものを
ただ、僕らは宝箱の中にしまう
あの日の歌声 蒼い幻の欠片
ねえ、あなたに届くように

ねえ、あなたに届くように
三月のパンタシアの人気歌詞
キミといた夏

待ち合わせは 駅の前 浴衣姿 僕を探し ...

ないた赤鬼、わらう青空

なんでそんなに澄み渡ってるの なんでそ ...