フェアリーテイル 歌詞

歌:三月のパンタシア

作詞:すこっぷ

作曲:すこっぷ

おとぎ話で聞いたような
不思議な世界の出来事は案外近くにあって
きみと出会えたことのように

窓辺見慣れた景色も
少し背伸びをして覗いたら
いたずらに過ぎた日々も
大切に思えたんだ

心につまって言葉に出来ない
そんな想いはどうやって伝えたらいいんだろう

くだらないと笑ったり
ささいなこと怒ったり
何でもないことをそうやって心に刻んで
ふとしたとき寂しくて
きみがいると嬉しくて
かけがえのないものがこうやって少しずつ
わかりはじめていくんだね

道のすみで見つけた花
頷くように咲き誇ってた
小さな幸せだって忘れないようにしなくちゃ

心にしまった淀んだ想いも
なんてことはないよと笑えたらいいね

いつでも素直なきみの笑い顔はまぶしくて
その温かさに思わずつられて笑った
きみがもし泣いたときは一番にそばにいるよ
言葉に出来ないことだって
少しでも力になってあげたい

不思議な世界 迷い込んだ先にきみがいて
瞳に映る空は
魔法のように星が揺れている

くだらないと笑ったり
ささいなこと怒ったり
何でもないことをそうやって宝物みたいに
こんなに大切な人
そばにいると嬉しくて
かけがえのないものがこうやって
鮮やかに映しだされていくんだね
三月のパンタシアの人気歌詞
キミといた夏

待ち合わせは 駅の前 浴衣姿 僕を探し ...

ないた赤鬼、わらう青空

なんでそんなに澄み渡ってるの なんでそ ...