イヨマンテの夜 歌詞

歌:氷川きよし

作詞:菊田一夫

作曲:古関裕而

アホイヤー ア……
ア…… イヨマンテー

熊祭(イヨマンテ)
燃えろ かがり火
ああ 満月よ
今宵 熊祭り
踊ろう メノコよ
タム タム 太鼓が鳴る
熱き唇 我によせてよ

熊祭(イヨマンテ)
燃えろ ひと夜を
ああ 我が胸に
今宵 熊祭り
可愛い メノコよ
部落(コタン)の 掟破り
熱き吐息を 我に与えよ

アア アアア
アアアー アアアー
アアアー アホイヨ
アホイヨ イヨマンテ

氷川きよしについて

平成8年4月 作曲家(水森英夫先生)の内弟子になるため上京。3年半の修業を積む。 平成12年2月2日 "日本コロムビア創立90周年記念"アーティストとしてデビュー。 名づけ親があのビートたけし。デビュー曲「箱根八里の半次郎」は演歌としては異例の60万枚というセールスを記録。
イヨマンテの夜 のCD・楽譜

氷川きよしの人気歌詞
きよしのズンドコ節

(ズンズンズン ズンドコ ズンズンズン ...

離れていても そばにいてくれる 淋しく ...

箱根八里の半次郎

廻(まわ)し合羽も 三年がらす 意地の ...

限界突破×サバイバー

興奮すっゾ!宇宙へ GO! 最先端の“ ...

大丈夫

大丈夫 大丈夫 夢は果てなく 憧れ ...

いつか会えますように

懐かしい風に 吹かれて思い出す あな ...

白雲の城

夢まぼろしの 人の世は 流れる雲か 城 ...

みれん心

嘘のつけない おんなです うぶなわたし ...

一剣

川の水面に 揺れる月 一刀両断 影を斬 ...

北上夜曲

匂い優しい 白百合の 濡れているよな ...

男の絶唱

鬼も蛇も出る 浮世の川を 命からがら ...

碧し

2月2日 これまで歩んできた日々を見渡し ...

8番目の虹の色

夢見る自由で 人生は輝く 苦しみがある ...

時代(とき)をかける男

負けてたまるか 世間の風に 意地がおい ...

初恋列車

終着駅の 青森で 北行く船に 乗りかえ ...

それぞれの花のように

桜は桜 梅は梅 桃は桃 そして季(すもも ...

最上の船頭

「船がでるぞォ~」 船頭さんが 呼んで ...

勝負の花道

走り出したら 愚痴など言うな 心の迷い ...

星空の秋子

怒濤(なみ)が逆巻く玄界灘の 潮の香り ...

おもいで酒場

雨に濡らした 裾(すそ)端折(はしょ)り ...