交響曲第9番「真夜中の第二音楽室」 歌詞

歌:ぞんび

作詞:青井ミドリ

作曲:青井ミドリ

真夜中の庭園
夜空を巡り鳴り響く
純白のドレス着た
少女の織り成す旋律が

現実、空想、人智を超えた世界
唐突に肖像画の中 モーツァルトが話す
「ゆびきりをしよう。さあ」

ゆらゆらゆらゆら
歌い踊り明かそう
陽が差すまで
今宵、闇の向こう
「この歌声が届きますように。」

ゆらゆらゆらゆら
歌い踊り明かそう
祈るように
悲しみ、切望、不安、全てをメロディーに変えて

現実、空想、人智を超えた世界
悲しげに肖像画の中 シューベルトが嘆く
「また会えるよね。きっと」

ゆらゆらゆらゆら
歌い踊り明かそう
陽が差すまで
今宵、闇の向こう
「この歌声が届きますように。」

ゆらゆらゆらゆら
歌い踊り明かそう
祈るように
僕らの夢は終わりを告げる

星は消えゆく 淡い夢の中で
まるで雪みたく溶けてゆくの
蜃気楼の様に ゆらめいた結末の果てに
最期の光が射す
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
もうバンドマンに恋なんてしない

歌:ゴールデンボンバー

「ずっと一緒だよ」と 言ってくれた君を ...

アブノーマル・セラピー

歌:ぞんび

麻酔の針 鮮やかに静脈を伝い チューブ ...

ぞんびの人気歌詞
アブノーマル・セラピー

麻酔の針 鮮やかに静脈を伝い チューブ ...