みちのく ふゆほたる 歌詞

歌:松原健之

作詞:北村けいこ

作曲:川音稔

内陸線に乗り換えて
一人降りたよこの上桧木内駅(えき)に
いつか見たいと言ってたね
二月十日の小さな祭り
願い記した 紙風船に
灯ともして 夜空の君へ
ふゆほたる ふゆほたる
叶わぬ夢でも 君に逢いたい

幸せそうな人達の
そばを離れて空を見る
君と二人の思い出が
僕のマフラー濡らしてるから…
後ろばかりを 見ていちゃだめよ
強く生きてと 言ってるように
雪が降る 雪が降る
もいちどだけでも 君に逢いたい

やがて花火が 終了(おわり)を告げる
いいよ僕なら もう大丈夫
ふゆほたる ふゆほたる
今でも心に 君が生きてる

今でも心に 強く生きてる
松原健之の人気歌詞
もし翼があったなら

もし 孤独を感じたら もし こころが乾 ...

冬のひまわり

夏の光に咲く花よりも 季節はずれの花が ...

ふるさとの空遠く

たえまなく 流れる歌は あの日の 母の ...

金沢望郷歌

桜橋(さくらばし)から 大橋みれば 川 ...

愛のうた

愛のうた ききたくて 風に吹かれ 旅に ...

見上げてごらん夜の星を

見上げてごらん夜の星を 小さな星の 小 ...

思い出の街

地下鉄の駅から五分 学生時代の街へ来て ...