奥能登しぐれ 歌詞

歌:増位山太志郎

作詞:下地亜記子

作曲:徳久広司

行くも帰るも 日本海
輪島 千里浜(ちりはま) 波しぶき
泣いていないか 倖せだろか…
おまえ思えば 逢いたくて
胸に冷たい 奥能登しぐれ

愛し合っても 添えぬ女(ひと)
なぜに結べぬ 紅い糸
泣いていないか 倖せだろか…
窓に愛しい 面影が
揺れて哀しい 奥能登しぐれ

恋が残した 傷あとは
いつになったら 消えるやら
泣いていないか 倖せだろか…
恋路海岸 湯の宿で
飲めば未練の 奥能登しぐれ
増位山太志郎の人気歌詞
男の背中

男の肩と 背中には むかしの影が ゆれ ...

そんな女のひとりごと

お店のつとめは はじめてだけど 真樹さ ...

冬子のブルース

酔えばはしゃいで たおれこみ 俺のこの ...

酒みれん

こころも躰(からだ)も 惚れさせて 梨 ...