ワインとアンティパスト 歌詞

歌:手嶌葵

作詞:手嶌葵・北村岳士

作曲:TATOO

自慢のワインを開ける日は とびきりのレシピで
やみつきになるアンティパスト ワインに寄り添うの

少し軽目なロッソには スパイシーな料理で
同じテーブルに並べば 最強の恋人

グリッシーニにプロシュート巻いて ルッコラを少しだけ添えるの
オリーブオイルと隠し味に 大好きになるおまじない

ヴィシソワーズに浮かんでる パセリとクルトンは
待ちきれずにソワソワと少しだけ揺れてる

ワイングラスを磨いてる あなたの横顔は
とろけるような魔法の味 まだ知らないの

ふわふわなムースのように 天に昇る気分
アヒージョみたいに溺れて おいしさ逃がさない

ニョッキを美味しく茹でるために ぬるま湯なんかじゃ許されない
理想と現実のボロネーゼ よく混ぜて美味しく出来上がり

スパゲティーニ リッジ コンキリエ パスタにもいろいろ
私たちのスタイルで楽しく行きましょう!

デザートを運ぶあなたは 少し得意そうに
苦くて甘い 冷たくて熱い 特製アフォガート

コーヒーかけただけでしょ?
手嶌葵の人気歌詞
明日への手紙

元気でいますか。 大事な人はできました ...

テルーの唄

夕闇迫る雲の上 いつも一羽で飛んでいる ...

さよならの夏~コクリコ坂から~

光る海に かすむ船は さよならの汽笛 ...

Over The Rainbow

Some where Over Th ...

いまを生きて

いま私がいる場所は 誰かが望んだ未来 ...

朝ごはんの歌

お鍋はグラグラ お釜はシュウシュウ ま ...

What Is A Youth?

What is a youth ? ...

Beauty And The Beast

Tale as old as tim ...

Voyage a Paris~風に吹かれて~

低い靴を鳴らして 踊るように歩けば 可 ...

時の歌

空の 孤独な鷹よ 風に 杭(あらが)い ...

紺色のうねりが

紺色のうねりが のみつくす日が来ても ...

恋するしっぽ。

あなたは ねていると おもって いるで ...

1000の国を旅した少年

くたびれた 馬車に揺られ 少年と 話を ...

Angel

Spend all your time ...

ちょっとしたもの

泣きつかれて 明けた朝に 必要なのは ...

初恋の頃

あなたの影を 踏んで歩いた 夕陽 空に ...

Secret Kingdom

There's a secret kin ...

恋唄

潮の香り 風に乗り 天を仰ぎ 花散らす ...

朝日をあびた 丘の上の 木立にうもれた ...

NOMAD

流れる車窓から 遠く街の灯が揺れる 名 ...