石巻復興節 歌詞

歌:くるり

作詞:石巻のみなさん・補作詞:岸田繁

作曲:岸田繁

若さあふれる元気者 仮説団地の見守り隊
ひとりでいないで集うこと やっぺす石巻 ここにあり

みんなで作ったこの歌を みんなで楽しく歌いましょう
楽しく歌えば元気だよ やっぺす石巻 ここにあり

生かされている喜びを 笑顔に変えてこんにちは
心が広がり友の手を とれば幸せ ここにあり

ここは故郷 石巻 日本のどこより青い海
おっかねごどねとへたばらず 今こそがんばっちゃ 石巻

日和大橋 行き交う人々 風の吹く先 港へと
風見鶏がささやいた やっぺす今日も 元気でと

日和山から見下ろせば そらのみんなと見下ろせば
津波押し寄せ 悲しめば やっぺす石巻 がんばっちゃ

おだづなよ 負けでらいね 天災だからとへたばらず
遊びにおいでよ石巻 希望の光とともにあれ

渡り鳥さえ一羽じゃないよ これが俺(おい)らの心の支え
ボランティアさんありがとう やっぺす石巻 取り戻そう

万石浦の潮の香り ほっとするのは皆同じ
風は冷たい 人はあたたかい やっぺす石巻 ここにあり

いつか笑えるその日まで ゆっくりゆっくり歩いてゆこう
渡波 サンファン 雲雀野の海 やっぺす石巻 ここにあり

宮城 三陸 金華山 親潮 黒潮 ぶつかるところ
日本一の大漁昇る やっぺす石巻 港町

負けるもんかの合言葉 老いも若きも こころはひとつ
集いて笑顔を作り出す やっぺす石巻 ここにあり。

負けるもんかのすぐそばに 友の絆が生まれます
笑顔で話す被災にも やっぺす石巻 がんばっちゃ
やっぺす石巻 ここにあり

くるりについて

■ Member 岸田 繁 / Shigeru Kishida 佐藤 征史 / Masashi Sato ■ Biography 96年に立命館大学のサークル仲間である、岸田繁(VO.&G)、佐藤征史(B)、森信行(Ds)の3人により結成。97年11月BADNEWSより1000枚限定デモ音源CD「もしもし」をリリースし、年内に完売、関西のみならず全国での注目を集める。98 年5月ミニアルバム「ファンデリア」をリリースし、同年10月にはマキシシングル「東京」でメジャーデビューを果たす。現在までにシングル17枚アルバム 6枚をリリース。現在の日本のロックシーンで最も注目を集めるバンドである。2001年ギターに大村達身が加入。2002年ドラムの森信行がバンドを離れる。3月には初めてSXSWに出演、4月〜7月にかけて武道館公演を含む全国45公演のツアーを行った。2004年10月にクリストファーマグワイアが脱退。2005年はくるりの活動以外に、岸田・佐藤がCoccoをヴォーカルに結成されたバンドSINGER SONGERのメンバーとして参加。 2006年7月にはバンド結成10周年を迎え、初のベストアルバム「ベスト・オブ・くるり / TOWER OF MUSIC LOVER」をリリース。オリコン初登場3位のヒットとなる。同年末、大村が脱退。 2007年に入り、サポートドラマーに菊地悠也を迎え邦楽ロックバンド史上初となるウィーンレコーディングを開始する。5月には18番目のシングルとなるJUBILEEを発表し、6月27日には7作目となるアルバム「ワルツを踊れ Tanz Walzer」を発売。9月23日は史上初となる京都での野外音楽フェスティバル「京都音楽博覧会 IN 梅小路公園」を主催する。 また、それらの活動の傍ら自主レーベルNOISE McCARTNEY RECORDSを設立し、くるりのアンテナに引っかかった良質な音源をリリース中。
くるりの人気歌詞
ばらの花

雨降りの朝で今日も会えないや 何となく ...

琥珀色の街、上海蟹の朝

beautiful city さよならさ ...

東京

東京の街に出て来ました あい変わらずわ ...

奇跡

いつまでも そのままで 泣いたり 笑った ...

ハイウェイ

僕が旅に出る理由はだいたい百個くらいあっ ...

さよなら春の日

春のうららの 僕の旅路は とても日差し ...

京都の大学生

四条烏丸西入ル 鉾町生まれのお嬢さん ...

言葉はさんかく こころは四角

言葉は三角で 心は四角だな まあるい涙 ...

Remember me

遠く離れた場所であっても ほら 近くに ...

魔法のじゅうたん

君のこと沢山知ってるつもりだったな だ ...

ワールズエンド・スーパーノヴァ

いつだって僕らは誰にも邪魔されず 本当 ...

ワンダーフォーゲル

僕が何千マイルも歩いたら 手のひらから ...

男の子と女の子

僕達はみんないつでもそうです 女の子の ...

すけべな女の子

水色のペンシルで ハート切り取り描いて ...

春風

揺るがない幸せが、ただ欲しいのです 僕 ...

花の水鉄砲

夢見る街 花の水鉄砲 吹き荒れる街 花の ...

旅の途中

晴れわたった 空の向こうのすき間から ...

宿はなし

宿はなし 今日も川のそば 暮れゆく夕凪 ...

ロックンロール

進めビートはゆっくり刻む 足早にならず ...

キャメル

いつまで経っても 変わらないことは 確 ...