セクト 歌詞

歌:宮下遊

作詞:Mah

作曲:Mah

"君だけが知っていて他のだーれも知らない名前
まあるい輪っかを引っさげて くるくるまわる くるくるまわる
僕らだけが知っていて他のだーれも知らない名前
君の陽気を引っ掛ける この合図を送ろう

地下三階すき間の部屋に そうっと飴を差し込んだ
君の痩せてしまった 骨の住み家の足しになるように
そんなに悲しい君を 支えてくれるものは何
ねえそこに入れてよ あいつが君を食べてしまう前に

隠れられず逃げられもしない 見てないくせに見逃してくれない
大口開けて見つめる獲物の あきらめを待っている

君は足場を守る理屈で建てた砦を 経験で満たそうとまた
理屈を重ねてガラリと崩れ
事実の張り子で 固めたごまかしも
何の脈絡もない色合いを恥じて 力を無くし転がるだろう

だから縺れたそんなものはちょきんと切っちゃって
新しい空気を吹き込んで また伸びていく

うわっつらだって確かに君なんだ それでも息が苦しいなら
ヒライテヒライテ
流し込んで ひとつになって
はじける音を 聴きながら

地下三階すき間の部屋に そうっと耳を傾けた
君が気付かれまいとしながら小さく叫ぶ声を聞いた
ツムジが枯れ葉を巻いた 庭のブランコ揺れた
さあそこに入れてよ エレベーターのドアが開いたよ

強がり方を変えたところで 奥底で上げる声は変わらない
子供の頃待ってた迎えを今も待っているなら
フタをして転がして 月水金と雨ざらし
さみしく覆ったままで 押し込めて押し込めて溢れ

考えない 見ない 思い出さない 想像しない 何も知らない
靴に染み込んでく その感触もありはしないんだ
分かれた希望の一方が 歪んだ鉢を抜け出して
すっと息を ひとつ ふたつ あともう一息

(天天)
アタマをすぱっとカットして 君を引きずり出していく
ヒライタヒライタ 淡く ほどいて 君をほどいて
ごちゃついた根っこなんかさっと切って
ぜーんぶ燃やしてここを開けて

息苦しさから分かれて伸びた 希望の芽を伸ばそう
息苦しさから分かれて伸びた 希望の芽を伸ばそう

息苦しさから分かれて伸びた 希望の芽を伸ばそう"

そんな声が聞こえた
宮下遊の人気歌詞
花瓶に触れた

深夜三時半を回って 空が傾き始めた頃 ...

ロキ

さあ 眠眠打破 昼夜逆転 VOX AC3 ...

九龍レトロ

違法建築 不格好 雲間を越え生える階上 ...

愛して愛して愛して

はるか遠い遠い昔 巻かれた首輪 人が欲 ...

レッド・パージ!!!

幻想に憑かれたアカを撃て! 景色 見る ...

ONE OFF MIND

最先端の曖昧マインド& 流行色の人間模 ...

身体の分解と再構築、または神話の円環性について

崩壊を待つ僕は明日のないありふれた終わり ...

テレストテレス

巡り巡りの負の献上 単純に明快 行(ゆ ...

夜の反芻は空白を待つ

不意に君が言った言葉 思い出していた ...

焼け跡の写真を 集めてはしまい込んで ...

青年よ、疑問を抱け

教えてください愛ってグラム幾らなんでしょ ...

アンノウン・マザーグース

あたしが愛を語るのなら その眼には如何、 ...

え?あぁ、そう。

建前だけの感情論で全てを量ろうなんて ...

青へ向かう

廃材と寧日 場末を彷徨っていた 君を ...

舞台性ナニカ

さあ遊ぼう 君と君と君と 今日のお客は ...

メルティランドナイトメア

案外そんなフューチャー 先天的なフュー ...

少女レイ

本能が狂い始める 追い詰められたハツカネ ...