砂嵐 歌詞

歌:宮下遊

作詞:Mah

作曲:Mah

孤高へ埋もれた
花の種を啄む

砂に喰い荒らされた
肌を繕いながら

委ねる暴風の波に巻かれてみれば
祈りは塵へと掻き消える

追えば遠ざかる
アカシアの影を見た

憂いを孕み
風切羽は舞う

眠れずに一呼吸と魂を引き換えて
決めかねる命を委ねる
暴風の波に巻かれ
あなたの元へ行けるならこの体さえ要らない

それでも

過ぎ去れば 熱風は頬を掠めて過去へ
過去へと流れ

息をつけば塵の向こうから
目を見開けと亡霊たちが呼びかける
宮下遊の人気歌詞
花瓶に触れた

深夜三時半を回って 空が傾き始めた頃 ...

ロキ

さあ 眠眠打破 昼夜逆転 VOX AC3 ...

九龍レトロ

違法建築 不格好 雲間を越え生える階上 ...

愛して愛して愛して

はるか遠い遠い昔 巻かれた首輪 人が欲 ...

セクト

"君だけが知っていて他のだーれも知らない ...

レッド・パージ!!!

幻想に憑かれたアカを撃て! 景色 見る ...

ONE OFF MIND

最先端の曖昧マインド& 流行色の人間模 ...

身体の分解と再構築、または神話の円環性について

崩壊を待つ僕は明日のないありふれた終わり ...

テレストテレス

巡り巡りの負の献上 単純に明快 行(ゆ ...

アンノウン・マザーグース

あたしが愛を語るのなら その眼には如何、 ...

青へ向かう

廃材と寧日 場末を彷徨っていた 君を ...

夜の反芻は空白を待つ

不意に君が言った言葉 思い出していた ...

Fading ghost

Touch me baby, embra ...