夜の反芻は空白を待つ 歌詞

歌:宮下遊

作詞:バルーン

作曲:バルーン/宮下遊

不意に君が言った言葉 思い出していた
「僕等の知らない景色を見つめてみたいのさ」

鈍色の朝を隠して 笑い合っていた
軋む身体 動かすのは有り触れた記憶だけで

灰に溶ける壁を見た 幸せになったら愛に染まろうか
感情的な獣はまだ見えずに

枯れた花を胸に抱き 夢の奥でさようなら
雨に跳ねて溶けていく 夜の果てで間違っていく

古い街は今日だって静かに眠ってるようだ
甘い果実を頬張ってまた嘘をついた
傷から溢れた灯りが呪いの様だ
冷たい空白はいつしかこんなに膨れていた

灰の奥に見えたのは 水に映る醜い姿だった
愛に染まった幸せを ただ見据えて

軽薄な未来を語るのは 酷く虚しくなるだけ
退廃と罪を背負ったまま 日々の底を這っていく

朽ちた命は消えていく 君もあたしも同じように
薄い文字に指を当て 泣かないで ほら 笑って

褪せた空に混ざるのが やけに心地良くてさ
幼い記憶に歌う さよなら

誰に語ることもなく 夢の奥で会いましょう
ぬるい雨を感じて 夜の果てで また君の事 思い出していた
宮下遊の人気歌詞
花瓶に触れた

深夜三時半を回って 空が傾き始めた頃 ...

ロキ

さあ 眠眠打破 昼夜逆転 VOX AC3 ...

九龍レトロ

違法建築 不格好 雲間を越え生える階上 ...

セクト

"君だけが知っていて他のだーれも知らない ...

愛して愛して愛して

はるか遠い遠い昔 巻かれた首輪 人が欲 ...

レッド・パージ!!!

幻想に憑かれたアカを撃て! 景色 見る ...

ONE OFF MIND

最先端の曖昧マインド& 流行色の人間模 ...

身体の分解と再構築、または神話の円環性について

崩壊を待つ僕は明日のないありふれた終わり ...

テレストテレス

巡り巡りの負の献上 単純に明快 行(ゆ ...

焼け跡の写真を 集めてはしまい込んで ...

青年よ、疑問を抱け

教えてください愛ってグラム幾らなんでしょ ...

アンノウン・マザーグース

あたしが愛を語るのなら その眼には如何、 ...

え?あぁ、そう。

建前だけの感情論で全てを量ろうなんて ...

青へ向かう

廃材と寧日 場末を彷徨っていた 君を ...

舞台性ナニカ

さあ遊ぼう 君と君と君と 今日のお客は ...

メルティランドナイトメア

案外そんなフューチャー 先天的なフュー ...

少女レイ

本能が狂い始める 追い詰められたハツカネ ...