命ノ相聞歌 歌詞

歌:吉岡亜衣加

作詞:森由里子

作曲:小野貴光

言葉にすれば ほんの
一片(ひとひら)の言の葉
独り呟いて 頬染める
庭先の紅葉(もみじ)の色に

ふいに気配を感じて
振り向けば 其処に佇む貴方
聞いたのですか?思はず
恥ずかしさに逃げる私を追って
抱きしめた 愛ほしき貴方よ

―愛してゐます。
抑へてたのに
溢れ出した言葉は 命の相聞歌(こひうた)
―生きて下さい。
祈るが如く強く囁く
誠の戀(こひ)をした
きっと一生一度
命を懸けて

貴方の腕の中で
目を閉じた一瞬(ひととき)
此処じゃない何処(どこ)か 旅してゐた
幸せといふ名の場所へ

されど瞼を開ければ
戦乱と 此処で戦う貴方
どうしてですか?決して
許されぬ此の問い心に秘めて
ついてゆく
ただ独り貴方に

―愛してゐます。
一言だけの
曇りのなひ誓ひは 命の約束
―生きて下さい。
貴方がもしも討たれるのなら
身代わりになりたひ
其れは一生一度
全てを懸けて

忘れはしなひ
貴方に寄り添って
見上げた夕映え あの輝き
悲しいほどにさう美しい刹那の火が
此の世界ごと 燃やし光ってゐた

―愛してゐます。
抑へてたのに
溢れ出した言葉は 命の相聞歌(こひうた)
―愛してゐます。
一言だけの
曇りのなひ誓ひは 命の約束
―生きて下さい。
祈るが如く強く囁く
誠の戀をした
きっと一生一度
命を懸けて
誠の戀を
吉岡亜衣加の人気歌詞
舞風

幾千の未来よりも 一瞬の今を強く生きた ...

想い出はそばに

時の隙間を 風が駆ける丘で出逢えた 永 ...

ラブレター

最初から不器用で 一緒に居ても話せなく ...

十六夜涙

天つ風(あまつかぜ)よ 時の羽(ときのは ...

蛍草~つゆくさ~

浮かぶ雲に面影を 映してみては 想い ...

残酷な天使のテーゼ

残酷な天使のように 少年よ 神話になれ ...

暁闇

あゝ 引き返せない 昏き此の道が遠く果 ...

初恋

並木道 春の風 長いまつ毛が揺れてる ...

常盤火

あゝ 貴方の往く道が 私の進む道 ひそ ...

白き誓い

凍てつく空はなぜ こんなにも澄み渡る ...

永い余白を越えて

烈(はげ)しいまでに 星がまたたく 吹 ...

三日月に花

この夜空に 優しい眼差し 触れた指に ...

天ノ華

泪(なみだ)よ ひとひら流れてゆけ 白 ...

光彼方

かがやき求めて 燃ゆる篝火で 夢翔(か ...

夢ノ浮舟

何処へ向かう? 誠の舟 まだ見ぬ夜明 ...

心絵綴り

黄昏は墨絵の街 泣きそうな空が包む 肩 ...

約束の空

嘆きの淵 灯火(ともしび)消える なぜ ...

ひとしずく

雨は若葉の色を濃くする 涙も愛を深く染 ...

はらり

はらりはらり 散りゆく花よ 何思って大 ...

空の鏡

見えない月を 信じるように 恋におちた ...