天竜峡 歌詞

歌:水森かおり

作詞:たかたかし

作曲:岡千秋

心からあなたを愛した 夏の日の
やさしい時間は 巻きもどせない
綿虫が 風に舞う 細い道
儚い命の いとおしさ
天竜峡は 山深く
なぜか涙が こぼれて落ちる

たわむれに鐘をついたら ジンときて
ふさいだ気持ちが すこしは晴れた
あの頃は 二人して しあわせを
築いていけると 信じてた
天竜峡は 霧の中
せめて心に 明かりがほしい

あなたから身を引くつもりの 旅なのに
今でも答えは 見つかりません
この先は ひとりでも 泣かないで
後を見ないで 行けますか
天竜峡は 秋深く
つるべ落としに 夕日が沈む
水森かおりの人気歌詞
東尋坊(とうじんぼう)

別れ旅する 女の胸を 見抜いて泣くのか ...

ふたり雨

ひとつの蛇の目に 寄り添えば 濡れた肩 ...

鳥取砂丘

潮の匂いに 包まれながら 砂に埋れて ...

越後水原

生まれて初めて 絆を契り 命を預けた ...

島根恋旅

愛するだけでは 結ばれなくて ふたりの ...

尾道水道

愛しさ憎さが ぶつかりあって おんなの ...

上州恋風

赤城山から 吹く風に 涙を散らす 日暮 ...

北陸ひとり旅

北へ行こうか それとも西か どちら ...

若狭の海

伊根の港の 舟屋には 家の中にも 海が ...

うみどり

ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 潮風が ...

嵯峨野巡礼

愛し合っても 実らぬ恋の せめて最後の ...