タクシードライバー 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

ショッピングモール、アウトレット、郊外の黄昏
家族連れ、人いきれ、シャツに聖者の肖像、滲んで
車の牽引ロープを買った伏し目がちな青年 自宅の鴨居にぶら下げて首を括る予定
地方都市と呼ぶのもはばかられる様な町で 地元の友人と未だつるんで、たまには呑んで
息苦しさを感じながらも幸福だとうそぶいて 青い青空が青過ぎてもはや黒で

タクシードライバー 世情を憂いて 溜め息で曇る生活に流行歌

飲み過ぎてくだまいて突っ走る四号線 政治批判でもなんでもいいから話しをして
途方もない真っ黒が喉につっかえて 吐き出したくないもの吐き出してしまいそうなんだ

タクシードライバー 夜の向こうへ連れてって

優先席前に立ち尽くす妊婦がいたので 腹は立ったが結局なんにも言えなくて
サラリーマンが性的倒錯をスマホの画面でまき散らして 世界の気まずさがこの車両に凝固してる
遠い国の爆破テロ、および犯行声明 僕が聞いたのはタクシーのラジオAM
窓から六本木の高層ビルがいけ好かねえ 物質主義が貫通してる、東京の楔として

タクシードライバー トランクを開けてくれ 僕らの荷物、多過ぎて歩けない

流れる都市の景色があまりにもきらびやかで 相対的に僕らの幸福は萎縮して
汗かいて一粒の喜びに明け暮れて そのくせ帰りの道筋だって人任せ

タクシードライバー 夜の向こうへ連れてって

ニュースの紛争、ネットに流れた死体のjpeg 痛みを無視出来るなら人は悪魔にだってなれる
排他主義反対と疎外する人間が居て 暴力反対という暴力には無自覚な奴がいて
不良になる為には、まず良い人間にならなければ 家出する為には、まず家に住まなければ
運転手さん、あなたは出会った中で一番の思想家 生活に根ざした哲学で疾走する思想家

タクシードライバー 窓ガラスを開けてくれ 淀んだ空気 開け放って 夏の風

将来も未来も視界不良の道半ばで けど、不安に人生を明け渡せる訳はねえ
この長いトンネルは一体いつ抜るんですかね?
どうぞ行ける所まで行ってくれて構わねえ

タクシードライバー 夜の向こうへ連れてって
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
夏を待っていました

歌:amazarashi

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

100年先まで愛します。

歌:Sonar Pocket

今から100年先まで愛します きっと1 ...

穴を掘っている

歌:amazarashi

穴を掘っている 人生どこで間違えた 穴 ...

ユニコーン

歌:the HIATUS

どれだけ笑ったの 人に見せずに これ ...

光、再考

歌:amazarashi

もし生まれ変わったらなんて言いたくない  ...

ドブネズミ

歌:amazarashi

TVを付けたまま眠っていたみたいで 砂 ...

季節は次々死んでいく

歌:amazarashi

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

スピードと摩擦

歌:amazarashi

切れかけた街灯に照らされて 明滅繰り返す ...

名前

歌:amazarashi

君の名前はなんだっけ? ふと思い出せなく ...

あいまいみー

歌:phatmans after school

言葉って便利なものね あることないこと ...

デスゲーム

歌:amazarashi

吹き消される命は テレビラジオの向こう側 ...

amazarashiの人気歌詞
つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

無題

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

終わりで始まり

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空 ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

少年少女

校庭の隅っこで 体育座りしてぼんやりと見 ...

アノミー

愛など無い知らない 謎解けない吐きたい ...

冷凍睡眠

冷えたコンクリート もたれて頬を付ける ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

光、再考

もし生まれ変わったらなんて言いたくない  ...

ワンルーム叙事詩

家賃6万のアパートで僕らは世界を旅する ...

ひろ

ひろ お前に話したい事が 山ほどあるんだ ...

自虐家のアリー

いずれにしても立ち去らなければならない ...

雨男

酷く疲れた幾つもの顔が 車窓に並ぶ東横線 ...

ナモナキヒト

一人の夜の寂しさを 言い訳にしてみても ...

未来づくり

思えば僕はずっと僕の事 嫌いだったんだ  ...

穴を掘っている

穴を掘っている 人生どこで間違えた 穴 ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

あんたへ

はやく 涙拭けよ 笑い飛ばそう 僕らの過 ...