エンディングテーマ 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

こんなに空が青いのは ちょっと勿体ないな 少し曇ってるくらいの方が 丁度いいよな
真っ白な病室の 窓の向こうでは そろそろ桜も咲くんだろうけどな
満たされていたいって いつも思うけれど 満たされていないからこその 願う力
腹が減ってる時の 食欲みたいな物 あなたはどうか大事にしてね

失う事に慣れたりしなかった 最後まで僕は悲しい人間でした
だけどそれと引き換えに 僕は願うのです 生きて 生きて 生きていたいよ

僕が死んだら 流れ出すエンドロール 僕が主演の 青春群像
お世話になった人達の 名前がずらっと並べば 何時間掛かるか分からないや
そんな事考えると ちょっと笑えてくるよな
だからエンディングテーマはこんなもんだろ

幼い頃飼ってたペットが死んだとき あまりの悲しさに 出会わなきゃ良かったと思った
手にする喜びと 失う悲しみ 天秤にかけるのは 馬鹿げたことです

偉そうな事を言ったりしてごめんな 本当に僕が言いたい事は つまり
僕の中で生きている 僕が愛したもの達みたいに あなたの中で生きていたいよ

僕が死んだら 流れ出すエンドロール 人はそれぞれ 日常に戻って
ふとした時に思い出して 欲しいけどさ 我ながら名作とは言えないもんな
そんな事考えると ちょっと笑えてくるよな
だからエンディングテーマはこんなもんだろ

失い続ける事で 何かに必死になれる力が宿るのなら
満たされていないってのは 幸せなのかな だとしたら 今の僕はきっと幸せなんだな
なのに
心が痛いよ 涙が止まらないよ

あなたが死んだら 流れ出すエンドロール 僕はきっと 脇役だろうな
少し寂しいけれどきっと それでいいんだ あなたが幸せだった 証拠だから

僕が死んだら 流れ出すエンドロール あと18小節のエンディングテーマ
あなたの胸に焼きついて 消えないような 気の利いた言葉を 言いたいんだけど
そんな事考えてたら もう時間か
最後はやっぱり 「ありがとう」かな
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。

歌:星野源

営みの 街が暮れたら色めき 風たちは ...

花束

歌:back number

どう思う?これから2人でやっていけると思 ...

わたがし

歌:back number

水色にはなびらの浴衣が この世で一番 ...

どんなときも。

歌:槇原敬之

僕の背中は自分が思うより正直かい? 誰 ...

WOODEN DOLL

歌:米津玄師

さあ、心の向こうへ行こうぜ チンドン屋の ...

ハッピーエンド

歌:back number

さよならが喉の奥につっかえてしまって ...

SHAKE

歌:SMAP

きょう会わない?ってキミの電話 ボクも ...

幸せ

歌:back number

本当はもう分かってたの あなたがどんな ...

ビリーヴ

歌:シェネル

Destiny.. この出会いは奇跡の ...

あとのうた

歌:back number

君の家までの道を決して通らないように ...

はなびら

歌:back number

桜の花が舞い落ちるこの景色を いつか僕 ...

amazarashiの人気歌詞
つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

無題

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

終わりで始まり

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空 ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

少年少女

校庭の隅っこで 体育座りしてぼんやりと見 ...

アノミー

愛など無い知らない 謎解けない吐きたい ...

冷凍睡眠

冷えたコンクリート もたれて頬を付ける ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

光、再考

もし生まれ変わったらなんて言いたくない  ...

ワンルーム叙事詩

家賃6万のアパートで僕らは世界を旅する ...

ひろ

ひろ お前に話したい事が 山ほどあるんだ ...

自虐家のアリー

いずれにしても立ち去らなければならない ...

雨男

酷く疲れた幾つもの顔が 車窓に並ぶ東横線 ...

ナモナキヒト

一人の夜の寂しさを 言い訳にしてみても ...

未来づくり

思えば僕はずっと僕の事 嫌いだったんだ  ...

穴を掘っている

穴を掘っている 人生どこで間違えた 穴 ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

あんたへ

はやく 涙拭けよ 笑い飛ばそう 僕らの過 ...