BABEL 歌詞

歌:GRAPEVINE

作詞:田中和将

作曲:GRAPEVINE

矢面に立つのも
先頭に立って声を放つのも
穴を穿つのも
一概に決めつけるのもありそうで

天空に睡して
溢れ出す言葉を操ろうと
憂国かざして
群衆を単純化してしまうのでしょうね

大外れ in this way
的外れ あまつさえ
絵に描いた餅にさあ

愛を植え勝つ者
立ちつ手と手を繋ぐ者は行こうか
聞け酷使した者
刺せ思想すら一端にぶら下げて行け
上げて行け

後遺症に泣くのも
陰謀を背負って立つのもありそう
バベルの塔はきっと
懲りず積み上げられてゆくでしょうね
ゆくのでしょうね

大外れ in this way
まあまあっすね あまつさえ
絵に描いた餅にさあ

愛を植え付ける者
立ちつ手と手を繋ぐ者は行こう
最上へ さあ行こうか
聞け酷使した者
刺せ思想すら一端にぶら下げて行け
上げて行け

青い上を目指す者
立て土と水を持つ者は行こう
サティスファイか
聞け告示した者
刺す姿勢そりゃ一端にぶら下げて行けるか
上げて行けるか

GRAPEVINEについて

1993年結成のロックバンド。 《メンバー》 ・田中和将(たなか かずまさ)  ボーカル、ギター、作詞、作曲。  1974年1月15日生まれ  兵庫県神戸市出身。  O型。 ・西川弘剛(にしかわ ひろよし)  ギター、作曲。  1969年11月14日生まれ  奈良県出身。  O型。 ・亀井亨(かめい とおる)  ドラム、作曲。  1972年8月2日生まれ  大阪府出身。  O型。
BABEL のCD・楽譜
GRAPEVINEの人気歌詞
白日

育ってきた場所を離れた 契りあってた日 ...

すべてのありふれた光

通り雨が過ぎ去ったら ほんの少し散歩を ...

光について

少しはこの場所に慣れた 余計なものまで ...

スロウ

眠りは妨げられ 頬にかかる息を知って ...

風待ち

季節はずれの雨が好きな あなたに悪いけど ...

ジュブナイル

始まりを知った 新しい風をきった 本 ...

Glare

散らばっていた光は 瞬きでは消えなかっ ...

望みの彼方

独りで君は泣く 断りもしないで 痛みで ...

Wants

敢えなく目が醒めて 流れ出す現実の ...

エレウテリア

話さ 飽く迄も仮の話だ 過ごした日々 ...

Alright

愛の歌はどのくらい 愛の無駄はどのくら ...

豚の皿

不安な朝 歩く人の列 浮かれた独裁者の ...

遠くの君へ

いつから好きになって そしたらむきになっ ...

覚醒

君は頗るアクティブで 訳の解らぬ事を問い ...

君を待つ間

会いたくないまま季節は変わり 毎度の会 ...

here

柔らかな手を放されて泣く夢 生まれたこ ...

Era

風を待ってさあ行こう どこへだってかま ...

Our Song

誰の言う事も 君の優しさも 慣れた もう ...

アナザーワールド

見ていたよ 知っていたよ 泣いていたの ...

指先

ただ重なった事が 目の前を塗り潰しやが ...