故郷ごころ 歌詞

歌:増位山太志郎

作詞:建石一

作曲:岡千秋

祭り囃子の 笛の音
なぜか聴きたい 子守唄
都会という名の ビルの谷
生命(いのち)を咲かす 花もある
忘れはしない 故郷ごころ

春は桜の 並木道
秋の夕焼け 紅(あか)とんぼ
日暮れの街角 風の声
涙を拭いて 頑張れと
忘れはしない故郷ごころ

白い煙の 囲炉裏茶屋(いろりぢゃや)
田舎作りは 黒光り
今でも恋しい 女(ひと)がいる
夢見た暮らし 今何処(いまいずこ)
忘れはしない 故郷ごころ
増位山太志郎の人気歌詞
男の背中

男の肩と 背中には むかしの影が ゆれ ...

そんな女のひとりごと

お店のつとめは はじめてだけど 真樹さ ...

冬子のブルース

酔えばはしゃいで たおれこみ 俺のこの ...

酒みれん

こころも躰(からだ)も 惚れさせて 梨 ...