オバケエントツ 歌詞

歌:スガシカオ

作詞:スガシカオ

作曲:スガシカオ

街の子供の影を食べるという オバケエントツの黒いケムリ
胸に染み込んだ卑屈と無気力は ぼくらそのケムリを吸いすぎたせいさ

君は ぼくの街 こんな街 好きになってくれるかな…

ただ 暗闇に沈む ぼくの情熱と未来を
君が照らしてくれた 小さな恋という光
君が好きですと 消えそうな声で言った
遠く貨物船の汽笛 河原の夏の草の匂い

君と駅まで 河に沿って歩いた 地下鉄の階段 染める夕陽
改札のむこう 君が手を振ってる 白いノースリーブといつもの笑顔

やっぱり君のこと どうしようもないくらいに好きだよ

ただ とてつもなく広い 未来へのスタート地点で
ぼくは何も見つけられず 日々苛立ってばかり
暗闇を照らす 恋とか夢や希望を
君だけが受けとめてくれた

どこへも行けず 誰にもなれずに
この街でケムリになんかなりたくない

立ち向かうすべもない 未来という怪物
ひとつだけ確かなコト 君を思う気持ち
暗闇に伸びる 地下鉄の線路みたいに
ほんの少し先の闇へ 君と歩いていきたい
スガシカオの人気歌詞
Progress

ぼくらは位置について 横一列でスタートを ...

春夏秋冬

春の空はたぶん 思ったよりもずっと青く広 ...

ドキドキしちゃう

ぼくらが確かに 今いい大人になったからっ ...

アシンメトリー

涙の色はきっと にぶいぼくには見えやしな ...

AFFAIR

そんなことがたびたび起きて 悲しい出来 ...

黄金の月

ぼくの情熱はいまや 流したはずの涙より ...

ホームにて

また誰か 今日もギターをつま弾いてる ...

あまい果実

受話器のむこうで 音がしているけど そ ...

午後のパレード

夏の日差し 乱反射して パレードがやって ...

雨あがりの朝に

どこかでカミナリの音が 夜の空に低く響い ...

ヒットチャートをかけぬけろ

生きてゆくために 何をすればいいかなんて ...

HOP STEP DIVE

ヤミを食べて巨大化した カナシミを今ぶん ...

NOBODY KNOWS

さらば 昨日までの口づけよ さらば い ...

青空

あれから君のことは そう、しばらく思い ...

夕立ち

その日 午後から日暮れにかけて かるい ...

夏色タイム

"海に行こう"って突然 君がいいだして ...

月とナイフ

ぼくの言葉が足りないのなら ムネをナイ ...

コノユビトマレ

“バイトに遅刻しちゃいそうだから ...

コーヒー

君が笑ってる それだけでいいんだ 君が ...

正義の味方

街はずれの工場のならび 不思議な家族が住 ...