生きる程に 歌詞

歌:小田純平

作詞:朝比奈京仔

作曲:小田純平

酒の飲めぬお前が 酔ったまねをして
底なしの俺が 酔わぬふりで うたう
損得ぬきの付き合いが 酒の味をかえる
生きるほどに 喜び沁みる
男酒 夜明けまで…

あの汽車に乗ったら 別の人生だった
彼(か)の女(ひと)を思えば 心まだ熱く
風のため息 振り返れば 一筋の轍(わだち)
生きるほどに 過去も明日(あした)も
今日のためと思い知る

果たした夢もあり 捨てきれぬ夢もある
がむしゃらに生きて まだ 涙残す
ひとしきりただ ひとを思い ひとらしく ひとり
生きるほどに 尊き道よ
心歌 ながれくる

生きるほどに 尊き道よ
心歌 ながれくる

小田純平について

和56年 4月 CBSソニーより『海を見ていよう』でデビユー。
生きる程に のCD・楽譜
小田純平の人気歌詞
時間(とき)の花びら

風にはらはら 舞う花びらが 私の代わり ...

男がひとり飲む酒は

どこにもあるよな 居酒屋で 沁みるよ昭 ...

61

野に咲く花に生まれたら 明日に迷う事は ...

大阪ボレロ

夢を食べて 暮らした 砂をかんでも笑っ ...

哀しみを眠らせて

どんなに名前を 叫んでみても どんなに ...

残り香

あと幾つ 眠ったら あと何度 生まれ変 ...

半歌 ~愛しき人~

そう、誰もが同じ様に 憂(うれい)を胸 ...

心のギター

訳もなく 訳もなく 心 寂しくて 街 ...

へのへのもへじ

外はどしゃ降り 雨の町 心ずぶ濡れ な ...

風の電話

あなたわたしが 見えますか 届いていま ...

一行だけの置手紙

あなたが目覚める その前に この部屋を ...

神楽坂

毘沙門天の おみくじを 坂の途中で 引 ...

無くしたものを数えてみても-2015-

理由(わけ)もないのに楽しくなったり 悲 ...

ごめんね

ごめんね、言えなかったけど 苦しくなか ...

野うさぎ

窓に桜が咲いたのは 風は野うさぎ 春の ...

57

街ゆく人は誰も無口で 心に悲しみ抱えて ...

ほかされて

あんたとあたいを秤(はかり)にかけりゃ ...

二年目の夏至

明月院(めいげついん)の 日記の文字で ...

三年坂

三年坂は あじさい色の雨の中 人恋しさ ...