泣きたい夜 歌詞

歌:瀬川瑛子

作詞:麻こよみ

作曲:原譲二

故郷(ふるさと)からも 見えるでしょうか
ビルの谷間の 星ひとつ
変わりは 変わりは ないですか
胸にあふれる なつかしさ
泣きたい夜は 夜空を見上げ
あなたの笑顔を 思い出す

いついつまでも 手を振りながら
あの日見送(おく)って くれた人
変わりは 変わりは ないですか
あれから何年 過ぎたでしょうか
肩寄せ合った 二人の写真
心に今でも 抱いてます

声を聞いたら なおさらつらい
そっと携帯電話(でんわ)を しまう夜
変わりは 変わりは ないですか
どうぞ元気で いて欲しい
わがままばかり 通した私
あなたの優しさを 思い出す
瀬川瑛子の人気歌詞
命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気 ...

春の海

鍋と茶碗を 揃えただけで それを所帯と ...

雨降りやまず

あんた、疲れましたか 人生は 難儀です ...

涙色

涙の色は… 甘く切ない 恋の色 オリ ...

わすれ宿

これでいいねと 宿帳に 妻とあなたは ...

長崎の夜はむらさき

雨にしめった 賛美歌の うたが流れる ...

月夜舟

神さまが 逢わせてくれた この人と 我 ...

しあわせ暦

この胸の 根雪も溶けて こころにやさし ...

母さんの手

おまえはほんとに いい子だと 頭をなで ...

憂き世川

昨日や今日の 夫婦じゃないわ どこの誰 ...