ミラージュソング 歌詞

歌:米津玄師

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

いつだって僕は 君の髪の毛を撫でたいと思った
その声はいつか消えてしまうからさ
明日の世界がまた少し近づくたびに僕は
残された今日を感じ くしゃみをする

照りだした太陽 逃げ水で濡れた道路を歩いた
不思議なくらいの静けさに塗れて
過ぎ去ってしまった日々は二度と戻らないと知った
あの日の記憶も 遠く触れないまま

何を悲しむことがある? これほど明るい陽の射し込む場所で
何を疑うことがある? 隣にいつも君がいるのに

生きていけば今 生きていくほど
さわれないものが増える
何も手に入れちゃいないのに
失くしていく気がするんだ
どうして

いつだって僕は 君の髪の毛を撫でたいと思った
その声はいつか消えてしまうからさ
「明日の世界も同じように生きていられるのかな」
蜃気楼の中で昨日の僕が言う

何を怖がることがある? 奪いも与えもできない癖に
何を求めることがある? 隣にいつも君がいるのに

近づけば今 近づくほど
知らない君が増える
何もいらないさ いらないのに
物足りない気がするんだ
どうして

どんだけ確かめてみたって
どんだけ呼びかけてみたって
いつだって君はそこにいて
微笑んでくれるのに

僕たちが生きるここは今
失望で満ちているだなんて
そんなこと言いたくはないんだ
それだけさ 本当さ

生きていけば今 生きていくほど
さわれないものが増える
何も手に入れちゃいないのに
失くしていくとしても

生きていけば今 生きていくほど
愛おしい今も増える
何も手に入れちゃいないけど
失くせないものがあるんだ
ミラージュソング
ミラージュソング のCD・楽譜
米津玄師の人気歌詞
Lemon

夢ならばどれほどよかったでしょう 未だ ...

LOSER

いつもどおりの通り独り こんな日々もはや ...

ピースサイン

いつか僕らの上をスレスレに 通り過ぎて ...

アイネクライネ

あたしあなたに会えて本当に嬉しいのに ...

馬と鹿

歪んで傷だらけの春 麻酔も打たずに歩い ...

砂の惑星(+初音ミク)

何もない砂場飛び交う雷鳴 しょうもない音 ...

海の幽霊

開け放たれた この部屋には誰もいない ...

灰色と青 ( + 菅田将暉)

袖丈が覚束ない夏の終わり 明け方の電車 ...

ドーナツホール

いつからこんなに大きな 思い出せない記憶 ...

春雷

現れたそれは春の真っ最中 えも言えぬまま ...

しとど晴天大迷惑

超弩級 火を吐く猿 天からお目覚め大迷惑 ...

爱丽丝(アリス)

真っ逆さまに落っこちた ふとした刹那につ ...

WOODEN DOLL

さあ、心の向こうへ行こうぜ チンドン屋の ...

Flamingo

宵闇に 爪弾き 悲しみに雨曝し 花曇り ...

眼福

何にも役に立たないことばかり教えて欲しい ...

かいじゅうのマーチ

少しでもあなたに伝えたくて 言葉を覚え ...

メランコリーキッチン

あなたの横顔や髪の色が 静かな机に並ん ...

orion

あなたの指がその胸がその瞳が 眩しくて ...

ララバイさよなら

痛みも孤独も全て お前になんかやるもんか ...

クランベリーとパンケーキ

不意に見かけたブロンズの女神の お臍に煙 ...