いつかのひかり 歌詞

歌:霜月はるか

作詞:麓川智之

作曲:MANYO(LittleWing)

満ちる黄昏 溶ける面影
琥珀の世界 閉じ込めた
遠すぎる記憶 探してわたしは 歩き出す

旅路の果てに 見つけたあの日
終(つい)に手にした 温もりは
朝露に飲まれ 形をなくして 消えてった

流れる忘却の川(レーテ)が 隔てる彼岸に
たたずむ悲しい 目をしたあのひと
あふれる想いが こたえを求めて 呼ぶ

すべては泡沫(うたかた) 触れえぬ幻
それでもわたしは 現(うつつ)と信じて
いつかのひかりを 心の深くに しまうから

優しい日々を 残した写真
広がる赤に 飲み込まれ
大切なものを なくしたわたしは
夢に 欠片求め

目覚めた朝に 頬に残った
涙のあとが 唯一の
いつかに近づく 微かな手掛かり
それでも 思い出すよ――あの光景(ひかり)を

傾く陽射し 遠くひぐらし
はしゃぐわたしの 手をひいて
優しい笑顔で 隣を歩いて くれたひと

家路を辿る 道の途中で
ふと足を止め 振り返り
伸びたふたつの 影 ひとつに重なり 焼きついてた

夕陽に染まった あなたの横顔
みつめるわたしも 茜に色づき
交わした約束 大事にしまった 胸

すべては泡沫 儚い夢でも
心に抱(いだ)いた 温もり確かに
いつかのひかりは わたしを包んで くれるから

眠りの淵に 浮かぶ小船が
岸へと向かい 走り出す
眩しい朝日に 目覚めたわたしは
滲む 涙ぬぐい

見上げた空に たゆたう月が
満ちて欠けてを 繰り返す
季節は移ろい 思い出遙かに
それでも 忘れないよ――あの光景を
霜月はるかの人気歌詞
瑠璃の鳥

震え届く風 頬撫でゆく 静寂に抗う 赤 ...

恋獄

刻む針の音 柔らかな手のひら 忍び寄り ...

Re:Call

過去の想い 記憶の彼方 幼き日 残した ...

SilentFlame

草原を吹き抜ける風が あなたの声を運んで ...

遠い伝承歌

その小さきくちびる 奏でるは遠い伝承歌 ...

-HISTORIA-

遠く遠くから 響くその歌声は 確かな ...

あめつちのことわり

せふぁ・くりまるでぃ・らめんとぅす らふ ...

Hidra Heteromycin

――輝ける明日(あした)を 護るべき人々 ...

Heretical Wings

小さな窓から差す 仄蒼い月灯り 冷たい ...

ツナギ蝶

何処より 生まれ出づ...... ...

ソレノイド

泥濘(ぬかる)んだ道 踏みしめ虚ろに彷徨 ...

LUNA

揺れる花を見つめていた 過去と欲望の狭 ...

Hartes ciel,melenas walasye.

独りきりで歩いた 当たり前の毎日 囲ま ...

a little more

降り注ぐ星の光の中 見上げる夜空(そら) ...

永遠の都市へ

ここから旅立とう 再び出逢えること信じて ...

ふゆみどり

とまる枝なくして飛び立つハチドリの声 ...

白夜幻想譚

(M・W・T M・A・G Y・S B・N ...

遥かな空間へ

Aria le fosia syoa r ...