緋色の薔薇 歌詞

歌:霜月はるか

作詞:日山尚

作曲:霜月はるか

Rem le she la Malice le marie arlie.
Rem la fatlauwa.

月夜に咲く緋色の薔薇
崩れてゆく硝子の城から逃げられずに
独りで未だ夢を見ているの

血に濡れた指で穢れた
忌まわしき過去と未来を守る価値がある?
綺麗な言葉を並べても虚しいだけでしょう

何処かでまた貴方と巡り逢えたなら
愛してなんて願わないわ
永遠とは孤独でつまらぬものだと
ひび割れた棺の中で永別(わかれ)を嘯いて

Rem le marie, Fem la noh arue.
Fem le mea rose wario.
Rem le marie-Yar le marie.

乱れて散る緋色の薔薇
眠り姫を硝子の筺(はこ)から
連れ出すのは貴方の腕
出来すぎた"物語(はなし)"

口づけた首に癒やせぬ呪いを刻んだ
魔女(わたし)に生きる意味がある?
二度とは戻れぬ茨の道を往く…貴方と

迷いの森深くに出口はないから
幸せなんて願わないわ
楽園とは呼べない小さな箱庭(せかい)で
互いを満たし合うだけの譫言(うわごと)繰り返す

盟約(さだめ)がもし貴方を狂わせるのなら
この手で全て終わらせるわ
銀剣(つるぎ)よりも鋭く曇らぬ誓いを
その日まで毒の杯傾ける罪人

Rem lu Fem le horia.

赦してなんて願わないわ

Rem lu Fem le marie.

何よりも甘い言葉で唇を濡らして
もう少し貴方と同じ夢を見ていましょう

Fem le woe.
"Rem le noh mea rose, Fem la Rem le rose"
霜月はるかの人気歌詞
瑠璃の鳥

震え届く風 頬撫でゆく 静寂に抗う 赤 ...

恋獄

刻む針の音 柔らかな手のひら 忍び寄り ...

Re:Call

過去の想い 記憶の彼方 幼き日 残した ...

SilentFlame

草原を吹き抜ける風が あなたの声を運んで ...

遠い伝承歌

その小さきくちびる 奏でるは遠い伝承歌 ...

-HISTORIA-

遠く遠くから 響くその歌声は 確かな ...

あめつちのことわり

せふぁ・くりまるでぃ・らめんとぅす らふ ...

Hidra Heteromycin

――輝ける明日(あした)を 護るべき人々 ...

Heretical Wings

小さな窓から差す 仄蒼い月灯り 冷たい ...

ツナギ蝶

何処より 生まれ出づ...... ...

ソレノイド

泥濘(ぬかる)んだ道 踏みしめ虚ろに彷徨 ...

LUNA

揺れる花を見つめていた 過去と欲望の狭 ...

Hartes ciel,melenas walasye.

独りきりで歩いた 当たり前の毎日 囲ま ...

a little more

降り注ぐ星の光の中 見上げる夜空(そら) ...

永遠の都市へ

ここから旅立とう 再び出逢えること信じて ...

ふゆみどり

とまる枝なくして飛び立つハチドリの声 ...

白夜幻想譚

(M・W・T M・A・G Y・S B・N ...

遥かな空間へ

Aria le fosia syoa r ...