スピードと摩擦 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

動画を観る

切れかけた街灯に照らされて 明滅繰り返す人々の影
ゴムの匂いと空気の湿り気 静寂と呼ぶには、はなはだ多弁
したがって 定まらぬ視点 星を滑って 東北に流転
蛾が群がって どうせ無駄だって 夢に焼け落ちて あとは何もねえ

行き先のない乗車券 此岸の終わりの夕景
地球の裏の荒野へ 早く連れてってくれ

夏の庭に犬の骨 死屍累々の日付 それを踏んづけて明日へ 気管支炎の音符で
血を吐くまでは歌え 放射状 北の山背 そこに咲いた花でさえ 冒涜は許されて

僕は舌打ちをしたこの街へ いや、舌打ちしたのは街の方で
砂場に子供らの神話体系 その一粒ごと神は宿って
絡まって 切れぬ社会性 みだりに越えて 唾を吐き掛け
我が塞がって 来世疑って 無様に燃えて あとは何もねえ

獣と人の分岐点 命にたかる銀蠅
精子は霊地の巡礼 死ぬには早い降雪

国道沿いのラブホテル トワイライト純潔で 言葉足らずの夜明け 吃音的な世の果て
それを飲み込んでは咽せる 結露に滴るカーテン 命が今焼け落ちて 車道に冬の銀河系

トラックの荷台に跨がって 歳月が通り過ぎた
交差点で横転して 血を流していた
窓越しにそれを見ていたら 命がじりじりと焦げる音を聞いた

スピードと摩擦 火花を散らして
スピードと摩擦 内蔵を焦がして

体内に発車の汽笛 血液は逃避の路線 旅立っては近づいて 離れてくのはどうして?
苛立ちは尚叫んで ひび割れた今日の風景 地表にうがつささくれ 二月は無垢な難破船

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。

歌:星野源

営みの 街が暮れたら色めき 風たちは ...

嫌いになれたら

歌:YU-A

嫌いになれたらいいのに… 泣きたくない ...

恋音と雨空

歌:AAA

「好きだよ」と伝えればいいのに 願う先 ...

つじつま合わせに生まれた僕等

歌:amazarashi

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

世界に一つだけの花

歌:SMAP

「NO.1にならなくてもいい もともと特 ...

瑠璃色の地球

歌:松田聖子

夜明けの来ない夜は無いさ あなたがポツ ...

上を向いて歩こう

歌:坂本九

上を向いて歩う 涙がこぼれないように ...

ドーナツホール

歌:米津玄師

いつからこんなに大きな 思い出せない記憶 ...

夏を待っていました

歌:amazarashi

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

GIFT

歌:Mr.Children

一番きれいな色ってなんだろう? 一番ひ ...

大きな玉ねぎの下で ~はるかなる想い~

歌:爆風スランプ

ペンフレンドの二人の恋はつのるほどに ...

amazarashiの人気歌詞
つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

無題

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

終わりで始まり

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空 ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

少年少女

校庭の隅っこで 体育座りしてぼんやりと見 ...

アノミー

愛など無い知らない 謎解けない吐きたい ...

冷凍睡眠

冷えたコンクリート もたれて頬を付ける ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

光、再考

もし生まれ変わったらなんて言いたくない  ...

ワンルーム叙事詩

家賃6万のアパートで僕らは世界を旅する ...

ひろ

ひろ お前に話したい事が 山ほどあるんだ ...

自虐家のアリー

いずれにしても立ち去らなければならない ...

雨男

酷く疲れた幾つもの顔が 車窓に並ぶ東横線 ...

ナモナキヒト

一人の夜の寂しさを 言い訳にしてみても ...

未来づくり

思えば僕はずっと僕の事 嫌いだったんだ  ...

穴を掘っている

穴を掘っている 人生どこで間違えた 穴 ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

あんたへ

はやく 涙拭けよ 笑い飛ばそう 僕らの過 ...