花恋文 歌詞

歌:水森かおり

作詞:松井五郎

作曲:南こうせつ

忘れてしまうことが
どれだけあるのでしょう
日暮れにひとり待っていた
遠いあの部屋
夏の終わりに 咲いた秘密の花
逢いにきたしるし 窓に挿して帰った
あなただけを 好きで好きで
花が心に 満ちるように

失くしてきたものが
いまならよくわかる
泣くだけ泣いた思い出も
夢のようです
封も出来ずに しまいこんだ手紙
いつか忍ばせた 花の匂いがする
あなただけを 好きで好きで
花が心に 満ちるように

青いインクは きっと滲んだまま
恋の切なさを そっと栞にして
あなただけを 好きで好きで
花が心に 満ちるように
水森かおりの人気歌詞
東尋坊(とうじんぼう)

別れ旅する 女の胸を 見抜いて泣くのか ...

ふたり雨

ひとつの蛇の目に 寄り添えば 濡れた肩 ...

鳥取砂丘

潮の匂いに 包まれながら 砂に埋れて ...

越後水原

生まれて初めて 絆を契り 命を預けた ...

島根恋旅

愛するだけでは 結ばれなくて ふたりの ...

尾道水道

愛しさ憎さが ぶつかりあって おんなの ...

上州恋風

赤城山から 吹く風に 涙を散らす 日暮 ...

北陸ひとり旅

北へ行こうか それとも西か どちら ...

若狭の海

伊根の港の 舟屋には 家の中にも 海が ...

うみどり

ヒュルヒュルとヒュルヒュルと 潮風が ...

嵯峨野巡礼

愛し合っても 実らぬ恋の せめて最後の ...