マボロシの街 歌詞

歌:フジファブリック

作詞:加藤慎一

作曲:金澤ダイスケ

数日前に 転んで出来た
痛くて疼く 小さな勲章
眺めているとまるで一つの
島のように街のように

見渡す限りの景色は
灯る光に溢れて 満ちて
暮らすみんなの物語 全てが

君を想ってる間に 膨らみ続けて
次第に重なりあっていた
剥がして終わるのは 寂しくなるから
まだまだこれから これから

古い教室 窓辺に二人
小さな恋でも生まれちゃうかな
空見る男子 そのすぐ横に
見透かした女の子

「ぼんやりは素敵だけれど
何を思うかであなたが変わるよ」
優しく彼女が言ったよ 静かに

悔しいけれど何か すっきりしたかな
心のバネが揺れる
これからどうなる? もっと見てたいよ
けれども 実はね

創造主は この僕でした
受けた傷跡 かさぶたに
閉じ込めたのは 内緒話で
笑い飛ばして しまいましょう

君を想ってる間に 膨らみ続けて
次第に重なりあっていた
剥がれて 落ちても 忘れはしないよ
君との思い出 消えない
フジファブリックの人気歌詞
若者のすべて

真夏のピークが去った 天気予報士がテレビ ...

桜の季節

△桜の季節過ぎたら 遠くの町に行くのか ...

夜明けのBEAT

半分の事で良いから 君を教えておくれ ...

週末 雨上がって 虹が空で曲がってる ...

茜色の夕日

茜色の夕日眺めてたら 少し思い出すもの ...

銀河

真夜中二時過ぎ二人は街を逃げ出した ...

赤黄色の金木犀

もしも 過ぎ去りしあなたに 全て 伝え ...

Bye Bye

待ちに待った土曜日 映画に誘ってみたら ...

星降る夜になったら

真夏の午後になって うたれた通り雨 ど ...

バウムクーヘン

何をいったいどうしてなんだろう すべて ...

エイプリル

どうせこの僕なんかにと ひねくれがちなの ...

笑ってサヨナラ

気付いた時には遅すぎて彼女の涙に困ってた ...

TAIFU

想像に乗ってゆけ もっと足早に先へ進め ...

炎の舞

やまない汗 歩いてるばっか へたりこむな ...

TEENAGER

どっかにスリルはないかい? 刺激を求め ...

陽炎

あの街並 思い出したときに何故だか浮かん ...

徒然モノクローム

他の事なら気にせんが 知らず知らずに待っ ...

ないものねだり

気持ち伝えるのに いつも人は何故に こ ...

クロニクル

気にしないで 今日の事は いつか時が 忘 ...

花屋の娘

夕暮れの路面電車 人気は無いのに 座ら ...