真夏と少年の天ノ川戦争 歌詞

歌:Orangestar

作詞:Orangestar

作曲:Orangestar

真夏の坂を駆ける自転車の
背景のお社のすぐそばで
らんランドセル放り投げそこで蹲る
少女を僕は見つけてしまったんだ。
七月五日高一生の夏
部活帰りの夕暮れに
のまれて消えてしまいそうなほど
小さな少女に話しかけてみたんだ
「どうしたの?」って。
黙秘権の行使は
全国民に約束されてるけど
やっぱこうも鮮やかにね
無視られると正直くるもんがあるので。
なんてごちゃごちゃと呟いたって
相変わらず黙り込んでた少女が
何の拍子にか立ち上がって叫ぶ
「くーちゃん(仏Cou)を返せって腐れ童が!
どこにいるのか答えろ!」って、
飛び出した妄言 罵詈雑言
うわ、なんかまた泣きだしちゃった…
「いや、僕は青春バカです。ハイ。」
いや何言ってんだボクは! 僕は!
動揺でもしてんですか?ホントさあ、もう…
何なんだってんだ!

日はもう沈んじゃって 世界は少し蒼くなって
泣き疲れた少女は 冷静を取り戻して
『くーちゃん(仏Cou)は猫です。
この辺に住んでんです。
でも、今日は何故か居ないんです。
どこへ行ったのでしょうか?』
『よし、じゃあ明日探しに行こうか!』
って僕は少女に提議したんだ。
そしたら一瞬驚いて、照れくさそうに笑った。
僕の夏よ爆ぜろ 旦明の一等星よ
追い風を感ぜよ 来世よ応答せよ
終盤戦争大成功 大誓文大計早々
僕らはただこの場所に居たかったんだ

翌日は結局ドンマイで
何の収穫も得られなくて
もうどうすりゃ良いかわかんないや!
心で叫んでも空しくて。
僕は現実を振り払って
『明日にはきっと見つかるさ!』って。
そんな僕に応えるように
笑う少女の笑顔が悲しくて…。
太陽が頭上を通り過ぎた
部活帰りの昼下がり
僕は昨日と同じ場所へ
自転車漕いで向かっていた。
眼前にその社がある森が
見える坂を下る途上で僕は
二、三人?いや三、四人の中学生と
その手にある袋が何故か気がかりで。

取り敢えず僕は 少女の待つそこへ
到着はしたが 果たしてそこには
いつかの様子で 塞ぎ込む少女の
足元辺りに 猫くらいの獣の
首の無いぐちゃぐちゃの
亡骸が落ちていて。
「狂ってんな…」
大破した感情制限 爆声音
我を忘れて 走り出した狂犬の
背中を見たんだ。

駆け上がった先に 群れる中坊兵を
殴り倒して叫ぶんだ
「わからねぇよっ!」
吐いて 吐いて 吐いて 吐いて
泣いて 掴み取ったもんは
こんなくだらない現実でしかないんだろうか!?
絶え間ない殴撃と 痛痒の終末に
突き落とされて この坂を転がってく
落ちてゆく

目を開ければそこは星の巴
僕の手を掴み離さない
今は二人 目を合わせないで
ただ空を眺めていた。
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
花と記憶

歌:Orangestar

過ぎ去った夏の淡い汐瀬に 消えるその性 ...

空奏列車

歌:Orangestar

未来線 海上 黎明 凪いだ視界 HAZ ...

残灯花火

歌:Orangestar

夜焦りの暗がり 去りし夏の宵 二人眺め ...

シンクロナイザー

歌:Orangestar

あ~あ 夏の喧騒から3分前を思い出して ...

超次元愛歌

歌:Orangestar

次元を越えた遠距離恋愛 Yeah... ...

或るひと夏の追憶

歌:Orangestar

あぁやっと目が覚めたかい君 あぁ違うな ...

夏色アンサー

歌:Orangestar

夏のさ 香りが 風にさ 流され流れ ...

夏色

歌:ゆず

駐車場のネコはアクビをしながら 今日も ...

朝花

歌:石川さゆり

夏は過ぎ 胸に残る唄ひとつ あのひとと ...

うたかた

歌:石川さゆり

のれんしまって あなたのそばで お酒を ...

Sunday Morning

歌:MAROON 5

Sunday morning rain ...

Orangestarの人気歌詞
夏色アンサー

夏のさ 香りが 風にさ 流され流れ ...

或るひと夏の追憶

あぁやっと目が覚めたかい君 あぁ違うな ...

超次元愛歌

次元を越えた遠距離恋愛 Yeah... ...

シンクロナイザー

あ~あ 夏の喧騒から3分前を思い出して ...

残灯花火

夜焦りの暗がり 去りし夏の宵 二人眺め ...

空奏列車

未来線 海上 黎明 凪いだ視界 HAZ ...

花と記憶

過ぎ去った夏の淡い汐瀬に 消えるその性 ...