あき子慕情 歌詞

歌:増位山太志郎

作詞:池田充男

作曲:徳久広司

雨が霙(みぞれ)に かわる夜
呑めば涙が あふれだす
そうだよ、あき子 おまえのせいさ
何処へ行くとも 言わないで
いのちまるごと 消えたやつ
ここは北国 あき子の酒場

ほそい冬子と いう女
船で他国へ 出た噂
そうだよ、あき子 おまえじゃないか
俺にかくした 身のうえに
どんな運命(さだめ)が あるのやら
忘れられない あき子の笑顔

純白(しろ)いドレスを 手に入れて
俺は迎えに 飛んで来た
そうだよ、あき子 おまえと二人
生きてこれから やりなおす
熱い思いが 届くなら
歌に乗せよう あき子の慕情
増位山太志郎の人気歌詞
男の背中

男の肩と 背中には むかしの影が ゆれ ...

そんな女のひとりごと

お店のつとめは はじめてだけど 真樹さ ...

冬子のブルース

酔えばはしゃいで たおれこみ 俺のこの ...

酒みれん

こころも躰(からだ)も 惚れさせて 梨 ...