気球に乗ってどこまでも 歌詞

歌:秋川雅史

作詞:東龍男

作曲:平吉毅州

ときにはなぜか 大空に
旅してみたくなるものさ
気球に乗って どこまでいこう
風に乗って 野原をこえて
曇をとびこえ どこまでもいこう
そこに なにかが まっているから
ランランラ ランランランラン
ランランランラン
ランランラ
ランランランランラン
ランランラ ランランランラン
ランランランラン
ランランラ
ランランランランラン

ときにはなぜか 大空に
旅してみたくなるものさ
気球に乗って どこまでいこう
星をこえて 宇宙をはるか
星座の世界へ どこまでもいこう
そこにかがやく 夢があるから
ラララ ラララ ララ
秋川雅史の人気歌詞
千の風になって

私のお墓の前で 泣かないでください ...

愛する人よ

聞こえますか 愛する人よ 胸に響く 希 ...

天城越え

隠しきれない 移り香が いつしかあなた ...

地上の星 Featuring 古澤巌(ヴァイオリン)

風の中のすばる 砂の中の銀河 み ...