笑う月 歌詞

歌:藤あや子

作詞:村山由佳/美樹克彦

作曲:美樹克彦

指をからめて あなたのそばで
親に言えない 夜を重ねる
命削ぐよな 想いをかかえて
燃える波間に 浮かぶ舟になる

ゆらり ゆらりら
寄せて 返して
この世の果てを
見せてください

欲しがる躯(からだ)が 罪なら
求める心も 罪でしょ
蒼い月が ばかな女を笑う

恋に疲れて さまよう波に
衣擦れの音 しゃらしゃらしゃらと
髪に揺れてる 鬼灯(ほおずき)かんざし
思い乱れて 舞うは蛍火

きつく 結んだ
帯は うらはら
あなたのほかに
何もいらない

今宵を限りと 言うなら
千切れる この身を奪って
蒼い月が ばかな女を見てる

ゆらり ゆらりら
弱い男を
いっそ見捨てて
咲いてみせたい

欲しがる躯(からだ)が 罪なら
求める心も 罪でしょ
蒼い月が ばかな女を笑う
藤あや子の人気歌詞
こころ酒

泣いて甘える あなたがいたら 耐えてゆ ...

恋しそうろう

髪結いに せっかく行って来たのにさ 目 ...

雪 深深

誰かが生きようと 言ってもだめです あ ...

あや子のお国自慢だよ

ハァー 秋田おばこの自慢なら 聞いて損 ...

華の宴

春は桜に 夏菖蒲 秋に紅葉に 冬の梅 ...

ふたりの絆

夢じゃないのね このままずっと あなた ...

雪荒野

卍(まんじ)ともえに 降る雪が 身八口 ...

勿忘草

幸せやれずごめんと 寂しく微笑って そ ...

からたちの小径

なつかしいうたを 誰かがうたってる 遠 ...