およげ!たいやきくん 歌詞

歌:白鳥英美子

作詞:高田ひろお

作曲:佐瀬寿一

毎日毎日 僕らは鉄板の 上で焼かれて 嫌になっちゃうよ
ある朝 僕は 店のおじさんと けんかして 海に逃げこんだのさ
初めて泳いだ海の底 とっても気持ちがいいもんだ
お腹のあんこが重いけど 海は広いぜ心がはずむ
桃色さんごが手を振って 僕の泳ぎを眺めていたよ

毎日毎日 楽しいことばかり 難破船が僕のすみかさ
ときどき鮫に いじめられるけど そんなときゃ そうさ 逃げるのさ
一日泳げばはらぺこさ 目玉もくるくる回っちゃう
たまにはえびでも食わなけりゃ 塩水ばかりじゃふやけてしまう
岩場のかげから食いつけば それは小さなつりばりだった

どんなにどんなに もがいても 針が喉からとれないよ
浜べで見知らぬおじさんが 僕を釣り上げびっくりしてた

やっぱり僕はたいやきさ 少し焦げあるたいやきさ
おじさん つばをのみ込んで 僕をうまそに食べたのさ
白鳥英美子の人気歌詞
灯台守

こおれる月かげ 空にさえて 真冬の荒波 ...

Melodies Of Life

宛てもなく彷徨っていた 手がかりもなく ...

THIS SONG FOR YOU

May you stay free M ...

ちいさい秋みつけた

誰かさんが誰かさんが誰かさんが みつけた ...

月の沙漠

月の砂漠を はるばると 旅のらくだが ...

LET THE RIVER RUN

流れる河のように 人はゆく 都会の海へ ...

荒城の月

春高楼(こうろう)の 花の宴 めぐる盃 ...

夏の思い出

夏がくれば思い出す はるかな尾瀬 遠い ...

レット・ザ・リーバー・ラン Let The River Run

流れる河のように 人はゆく 都会の海へ ...

となりのトトロ

卜トロ トトロ トトロ トトロ だ ...