季節は次々死んでいく 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

動画を観る

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる
色めく街の 酔えない男 月を見上げるのはここじゃ無粋

泥に足もつれる生活に 雨はアルコールの味がした
アパシーな目で 彷徨う街で 挙動不審のイノセント 駅前にて

僕が僕と呼ぶには不確かな 半透明な影が生きてる風だ
雨に歌えば 雲は割れるか 賑やかな夏の干涸びた命だ

拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩
最低な日々の 最悪な夢の 残骸を捨てては行けず ここで息絶えようと
後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩
苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも

明日は次々死んでいく 急いても追いつけず過去になる
生き急げ僕ら 灯る火はせつな 生きる意味などは後からつく

君が君でいるには不確かな 不安定な自我が 君を嫌おうと
せめて歌えば 闇は晴れるか 根腐れた夢に預かった命だ

拝啓 忌まわしき過去に告ぐ 絶縁の詩
最低な日々の 最悪な夢の 残骸を捨てては行けず ここで息絶えようと
後世 花は咲き君に伝う 変遷の詩
苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも

疲れた顔に足を引きずって 照り返す夕日に顔をしかめて
行こうか 戻ろうか 悩みはするけど しばらくすれば 歩き出す背中
そうだ行かねばならぬ 何はなくとも生きて行くのだ
僕らは どうせ拾った命だ ここに置いてくよ なけなしの

拝啓 今は亡き過去を想う 望郷の詩
最低な日々が 最悪な夢が 始まりだったと思えば 随分遠くだ
どうせ花は散り 輪廻の輪に還る命
苦悩にまみれて 嘆き悲しみ それでも途絶えぬ歌に 陽は射さずとも

季節は次々生き返る

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
amazarashiの人気歌詞
独白

私が私を語るほどに 私から遠く離れてしま ...

帰ってこいよ

稲穂が揺れる田舎の風は 置いてきぼりの季 ...

月曜日

体育倉庫のカビたウレタンの匂い コートラ ...

とどめを刺して

失望したって君が言う時 君は失望の彼女み ...

空洞空洞

耳を塞いだって ざわめきは聞こえてくる  ...

マスクチルドレン

この世界は少し煩すぎるから カーテンを全 ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

アルカホール

宵の淵に腰掛け物思い 街は馴れ馴れしかっ ...

隅田川

面映い思い出一つ 紐解く手が震えています ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

命にふさわしい

好きな人ができた 確かに触れ合った アス ...

さよならごっこ

憂鬱が風に散らばり 吹きだまって影になる ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

抒情死

アイデンティティが東京湾に浮かんでいる ...

たられば

もしも僕が天才だったなら たった一つだけ ...

虚無病

諸行無常未来都市 輪廻の環状線 抜け出せ ...

リビングデッド

ひるがえって誰しもが無罪ではいられぬ世に ...

ムカデ

給水塔に反射する夏の太陽 器用に生きる象 ...