或る輝き 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

粘着質な夜明け 底なし沼と星空の類似
観測地点における寒波の去来 親不孝通りの吐瀉物の染み
捨て鉢なエンジン音の個人タクシー 残響と共に襟を立て、立ち去る季節
行くも行かざるも虚しいまま 湖面に不時着する落葉 断定的な微笑み
網膜 拡散 悲しみ 悲しみ

(上昇と同時に墜落する肢体 住宅街の夕景のささくれ
果たせぬ願い 明日への展望 来訪する季節
ついに出発しなかった旅路 あの日、あの時のあの子の微笑み
後部座席に思い出、遺失物 悲しみ 悲しみ)

或る特定の期限における爆発的な命の輝き 瞬き
疾走とはつまり燃え落ちる衛星の輝き 瞬き
肢体がバラバラになっても 痛みが炎と朽ち果てても
存在した 存在した 輝き

屈折したエゴが結ぶ実像 環状線、囚われの身の泊地の精神性
体育倉庫の堅い地面に裂傷 深夜一時にこだまする執行猶予的な笑い声
潰れたガソリンスタンドに横付けされた侘しさ 利他的な憤怒
日々、暮れていく感性 相対的な幸福 省略された人間性
病巣 雑音 悲しみ 悲しみ

(遮光カーテンに真夜中の染み 空白を埋める為の慣性運動
ぼたぼたと滲んでいく鼻血 遮断された生活の孤立
はためく企業の旗と不良カラス 自覚のない自堕落
死んでいく感性 値札の付いた幸福 間接的存在否定
虚言 悲しみ 悲しみ)

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
amazarashiの人気歌詞
季節は次々死んでいく

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

独白

私が私を語るほどに 私から遠く離れてしま ...

帰ってこいよ

稲穂が揺れる田舎の風は 置いてきぼりの季 ...

月曜日

体育倉庫のカビたウレタンの匂い コートラ ...

とどめを刺して

失望したって君が言う時 君は失望の彼女み ...

空洞空洞

耳を塞いだって ざわめきは聞こえてくる  ...

マスクチルドレン

この世界は少し煩すぎるから カーテンを全 ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

アルカホール

宵の淵に腰掛け物思い 街は馴れ馴れしかっ ...

隅田川

面映い思い出一つ 紐解く手が震えています ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

命にふさわしい

好きな人ができた 確かに触れ合った アス ...

さよならごっこ

憂鬱が風に散らばり 吹きだまって影になる ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

抒情死

アイデンティティが東京湾に浮かんでいる ...

たられば

もしも僕が天才だったなら たった一つだけ ...

虚無病

諸行無常未来都市 輪廻の環状線 抜け出せ ...

リビングデッド

ひるがえって誰しもが無罪ではいられぬ世に ...

ムカデ

給水塔に反射する夏の太陽 器用に生きる象 ...