或る輝き 歌詞

歌:amazarashi

作詞:秋田ひろむ

作曲:秋田ひろむ

粘着質な夜明け 底なし沼と星空の類似
観測地点における寒波の去来 親不孝通りの吐瀉物の染み
捨て鉢なエンジン音の個人タクシー 残響と共に襟を立て、立ち去る季節
行くも行かざるも虚しいまま 湖面に不時着する落葉 断定的な微笑み
網膜 拡散 悲しみ 悲しみ

(上昇と同時に墜落する肢体 住宅街の夕景のささくれ
果たせぬ願い 明日への展望 来訪する季節
ついに出発しなかった旅路 あの日、あの時のあの子の微笑み
後部座席に思い出、遺失物 悲しみ 悲しみ)

或る特定の期限における爆発的な命の輝き 瞬き
疾走とはつまり燃え落ちる衛星の輝き 瞬き
肢体がバラバラになっても 痛みが炎と朽ち果てても
存在した 存在した 輝き

屈折したエゴが結ぶ実像 環状線、囚われの身の泊地の精神性
体育倉庫の堅い地面に裂傷 深夜一時にこだまする執行猶予的な笑い声
潰れたガソリンスタンドに横付けされた侘しさ 利他的な憤怒
日々、暮れていく感性 相対的な幸福 省略された人間性
病巣 雑音 悲しみ 悲しみ

(遮光カーテンに真夜中の染み 空白を埋める為の慣性運動
ぼたぼたと滲んでいく鼻血 遮断された生活の孤立
はためく企業の旗と不良カラス 自覚のない自堕落
死んでいく感性 値札の付いた幸福 間接的存在否定
虚言 悲しみ 悲しみ)

amazarashiについて

ロックバンド 《メンバー》 ・秋田ひろむ  ボーカル&ギター担当。 ・豊川真奈美  キーボード担当。
この歌詞を見た方はこんな歌詞も見ています。
空っぽの空に潰される

歌:amazarashi

受け取った手紙が増えすぎて 自分の荷物は ...

渡月橋 ~君 想ふ~

歌:倉木麻衣

寄り添う二人に 君がオーバーラップ 色 ...

季節は次々死んでいく

歌:amazarashi

季節は次々死んでいく 絶命の声が風になる ...

自虐家のアリー

歌:amazarashi

いずれにしても立ち去らなければならない ...

多数決

歌:amazarashi

臆病者ほど人を傷つけると言うなら 一番臆 ...

ストーリーテラー

歌:鬼束ちひろ

何かが蠢くかのように 私は詰り始めよう ...

ラッキー7

歌:FLOWER

天国(heaven)それとも地獄(hel ...

不死鳥

歌:SEKAI NO OWARI

人類の発明 君は最新型ロボット 僕等と ...

傾斜する

歌:乃木坂46

傾斜する 傾斜する 僕の心の角度 そ ...

Widespread Panic

歌:SOUL'd OUT

This on ...

Empty Sky

歌:白石蔵ノ介(細谷佳正)

Feel it now 晴れすぎた空 ...

amazarashiの人気歌詞
つじつま合わせに生まれた僕等

遠い国の山のふもと この世で一番綺麗な水 ...

スターライト

僕らを取り囲むあらゆることに特別な事なん ...

無題

木造アパートの一階で 彼は夢中で絵を描い ...

終わりで始まり

いつもの帰り道ふと 見上げたいつもの夜空 ...

メーデーメーデー

茫漠たる享楽の混濁する網膜を 老若男女す ...

夏を待っていました

君はまだ覚えてるかな 幼い頃の暑い六月 ...

少年少女

校庭の隅っこで 体育座りしてぼんやりと見 ...

アノミー

愛など無い知らない 謎解けない吐きたい ...

冷凍睡眠

冷えたコンクリート もたれて頬を付ける ...

もう一度

バイトの面接ばっくれて 雨雲眺めて不貞寝 ...

光、再考

もし生まれ変わったらなんて言いたくない  ...

ワンルーム叙事詩

家賃6万のアパートで僕らは世界を旅する ...

ひろ

ひろ お前に話したい事が 山ほどあるんだ ...

自虐家のアリー

いずれにしても立ち去らなければならない ...

雨男

酷く疲れた幾つもの顔が 車窓に並ぶ東横線 ...

ナモナキヒト

一人の夜の寂しさを 言い訳にしてみても ...

未来づくり

思えば僕はずっと僕の事 嫌いだったんだ  ...

穴を掘っている

穴を掘っている 人生どこで間違えた 穴 ...

奇跡

今夜生まれてくる命と 死んでしまう命 そ ...

あんたへ

はやく 涙拭けよ 笑い飛ばそう 僕らの過 ...