瞳をとじて 歌詞

歌:城南海

作詞:平井堅

作曲:平井堅

朝目覚める度に 君の抜け殻が横にいる
ぬくもりを感じた いつもの背中が冷たい

苦笑いをやめて 重いカーテンを開けよう
眩しすぎる朝日 僕と毎日の追いかけっこだ

あの日 見せた泣き顔 涙照らす夕陽 肩のぬくもり
消し去ろうと願う度に 心が 体が 君を覚えている

Your love forever
瞳をとじて 君を描くよ それだけでいい
たとえ季節が 僕の心を 置き去りにしても

いつかは君のこと なにも感じなくなるのかな
今の痛み抱いて 眠る方がまだ いいかな

あの日 見てた星空 願いかけて 二人探した光は
瞬く間に消えてくのに 心は 体は 君で輝いてる

I wish forever
瞳をとじて 君を描くよ それしか出来ない
たとえ世界が 僕を残して 過ぎ去ろうとしても

Your love forever
瞳をとじて 君を描くよ それだけでいい
たとえ季節が 僕を残して 色を変えようとも

記憶の中に君を探すよ それだけでいい
なくしたものを 越える強さを 君がくれたから
君がくれたから
城南海の人気歌詞
月と月

夜空に咲く幾千の星 見守るように出逢う ...

白い月

紅い空は すぐ墨色に染まり そして気の ...

サンサーラ

生きてる 生きている その現だけが こ ...

約束

色褪せた写真 記憶の片隅まだ あなたの ...

アイツムギ

※愛紡ぎ 心つなぎ 送る幸せを 知るの ...

夢待列車

いつかサヨナラする時が 来るとわかってい ...

晩秋

枯れ薄そよぐ晩秋の風 あたしの頬も撫で ...

愛唄

あなたに見せたい 生まれたてのこの想いを ...

いつか星になる

さよならから なにがはじまるの ふと ...