永遠の底 歌詞

歌:ACIDMAN

作詞:大木伸

作曲:ACIDMAN

汚れてしまったんだ
何処までも堕ちて行く

その心は 雪の様に
淡く危うく深く溶け始めて

溶け始めて

溶け始めて

溶け始めて

精霊の声が降る
深い永遠の底で

生まれて 消えるだけ
有るか無いか

ただ 繰り返して

繰り返して

繰り返して

繰り返して

今を超えて行くのさ
さぁ さぁ 歌え
儚き 生命達よ
さぁ さぁ 歌え
正しき太陽の民よ
さぁ 歌え
この星の生命として

遥か遠い記憶に
僕の生命は気付く

全ては一つだね

どうか 最期まで
生きていて

生きていて

生きていて

生きていて

あなたを知っているよ
最初の朝に
抱きしめ合ったんだね
最初の朝に
また会えるよねって
手を振ってくれたね
この星の生命として

ACIDMANについて

浦山一悟1978.3.27 B(Dr) 大木伸夫1977.8.3 B(VO.G) 佐藤雅俊1977.4.7 A(B) 2002年、メジャー・デビュー。「造花が笑う」「アレグロ」「赤橙」のシングル3枚連続リリース。
永遠の底 のCD・楽譜
ACIDMANの人気歌詞
赤橙

眠りの浅い朝の回路 埃にまみれてるカイト ...

ある証明

鮮やかだったあの太陽が 剥がれ落ちて 過 ...

ALMA

銀河の先に生まれた メロディーを信じて ...

式日

消えてゆく 太陽も 肺も 歌も 生まれ ...

世界が終わる夜

星が煌めいていた 木々も深く眠る夜 ...

造花が笑う

味気ない花の色に染められた あの人の眼 ...

最後の星

浅い眠り 虹の世界で 君の名前 繰り返 ...

MEMORIES

小さな光が大好きだった 小さな両手で抱 ...

愛を両手に

嗚呼 人が皆 「神様がいなければ良かっ ...

OVER

嗚呼 透明なカケラを追いかけてゆくように ...

彩(後編)

懐かしの空 余りにも強く 公園の隅で ...

アルケミスト

奇跡の声がして 見上げた世界樹 最後の ...

新世界

世界の始まりは 静かな柔らかな一つの音だ ...

イコール

今、目覚めの中で 募る ただ一つの橋を ...

スロウレイン

夏風 柔らかに 思い出すサンセット 語ら ...

リピート

独りで崩した 祈りに少し似ているような ...

君の正体

光の中 浮かんでいた 綺麗な君 涙の音 ...

River

フリージア揺れ 過ぎ行く日数えて テオ ...

prana

乾いた地平に シリウスの歌が降る 染 ...

Sore

「それ」彷徨っていて どうせ 終わって ...